太陽ホールディングス所属バドミントン奥原希望選手、令和3年度豊島区スポーツ表彰でスポーツ栄誉賞を受賞

太陽ホールディングス株式会社

太陽ホールディングス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 英志、証券コード:4626)と所属契約を締結しているバドミントンの奥原希望選手は、豊島区が実施している令和3年度「豊島区スポーツ表彰」でスポーツ栄誉賞を受賞しました。

 豊島区は、豊島区がスポーツ活動を通じてスポーツの振興・発展に貢献した方、または団体に対し表彰状等を贈る「豊島区スポーツ表彰」を実施しています。この度、奥原希望選手が「第111回全英オープン」で優勝し、優秀な成績を収めたことなどが評価され、受賞に至りました。
 太陽ホールディングスは引き続き奥原希望選手の挑戦をサポートするとともに、今後も楽しい社会の実現に貢献してまいります。

奥原希望選手 受賞コメント

奥原希望選手
 去年に引き続き、スポーツ栄誉賞を受賞できてとても嬉しく思っています。東京オリンピックでは沢山の応援ありがとうございました。夢の舞台に立ち、プレーできたことは幸せな時間でした。様々な声もある中での開催となりましたが、スポーツを通じて日本の皆さんが少しでも夢中になり、熱くなる時間を過ごしていただけていたら、より光栄に思います。私自身、この経験を糧にし、また次の目標へ向かって挑戦し続けたいと思います。

太陽ホールディングス株式会社
太陽ホールディングスは、ソルダーレジスト(基板などに使用される緑色の絶縁材)の世界シェアトップクラスを誇るリーディングカンパニーです。ソルダーレジストをはじめとするエレクトロニクス事業、植物工場を稼働させる食糧事業、日本で13カ所の水上太陽光発電所を開設をするなど、エネルギー事業、医療・医薬品事業の4本柱で、グローバル総合化学企業を目指します。

【会社概要】


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ