米国Breast Cancer Research Foundationとの連携により『ストリートファイターV』を活用した募金活動を実施!

株式会社カプコン

~ 当社人気シリーズの知名度を活用し、乳がんの研究と啓発活動を支援 ~

株式会社カプコンは、10月の「乳がん啓発月間」にあわせて、当社の人気シリーズである「ストリートファイター」を活用し、米国団体Breast Cancer Research Foundation(以下「BCRF」)とのコラボレーションを通じて乳がんの研究に向けた募金活動を行いますのでお知らせいたします。

この度の企画では、PlayStation(R)4およびPC用タイトル『ストリートファイターV』の人気キャラクター「春麗」および「リュウ」向けに、乳がん啓発のイメージカラーであるピンク色を基調とした特別コスチュームを、期間限定有料コンテンツとして2021年10月12日~11月13日まで全世界で販売し、本コンテンツの収益(最低寄付額:25,000米ドル)をBCRFに全額寄付いたします。

今後も当社は、社会から信頼される良き企業市民として、CSR活動に積極的に努めてまいります。


キャンペーンバナー


チャリティコスチューム

【Breast Cancer Research Foundationについて】
乳がんは、簡単な治療法がない病気であり、研究は乳がん予防の鍵となります。BCRFは、1993年にエブリン・H・ローダーにより設立された乳がん研究を行う世界最大規模の米国民間助成団体です。予防や転移に関する研究のため、優れた人材に投資するなど、分野を超えた協力体制を築いています。
詳細は、公式ホームページをご覧ください。
www.bcrf.org

【特別コスチューム】
「BCRFピンクリボンパック」(1,000円(税込))を購入すると下記コンテンツが使用できます。
・追加コスチューム「BCRF」:リュウ
・追加コスチューム「BCRF」:春麗
※本コスチュームは単品でもご購入いただけます。重複購入にご注意ください。

【「ストリートファイター」シリーズについて】
当シリーズは、全世界でシリーズ累計販売本数 4,600万本(2021年6月末時点)を記録し、登場から30年以上経た今なお世界中で人気を博している当社の人気シリーズです。また近年では、eスポーツにおける対戦格闘ゲーム分野のけん引役としても存在感を高めています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ