【笑顔の輪を広げよう ~K-topの子どもたちの頑張りが、顔の見えない子どもたちに笑顔を届ける!~】 K-top空手教室『チャリティー空手大会』開催!

株式会社K-top

K-top空手大会の参加費の一部を子ども支援団体(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)に寄付します!

K-top空手教室(埼玉県新座市 代表 野瀬 秀宗)は、チャリティー空手大会(教室予選)を2021年10月23日より開催いたします。

チャリティー大会について

現在、国内外問わずK-topの子ども達と同世代のたくさんの子どもが貧困などで苦しんでいます。
そして、この度の新型コロナウイルス感染症の影響で更に拡大してしまった事実があります。

そこで、このタイミングだからこそ何かできることはないかと考えた結果、
今大会をチャリティー大会として開催することを決定しました

内容は、大会参加費の一部を子ども支援団体(公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)に寄付します。
『K-topの子ども達の頑張りが、顔の見えない子どもたちに笑顔を届ける』
そういった大会にしたいと考えております。

また、教室に通っている子どもたちにも、このような現実を知るきっかけとし、
感覚的にでも伝わって欲しいと願っています。

そして、この大会が少しでも外部に認知され、他のスポーツ団体などにも広がることで
『笑顔の輪を広げよう(^^)』ということに繋がればと考えています。

※スポンサーも募集します。ご賛同いただける企業様、団体様はご一報ください。
問い合わせ先:info2@k-top.net
HP:https://k-top.net/karate/

大会概要(予定)

感染症のリスクを考え、これまでの数百人規模が一堂に会す大会は行えません。
そこで、教室ごとに学年や初級・中級以上等に分け、カテゴリごとの教室予選を行い教室代表を決定します。
教室代表は、本大会に出場し最終的な優勝者を決定します。
※本大会は2021年11月28月に予定

K-top空手教室とは

※都内及び近郊で450名以上の子どもたちが在籍する空手教室です。

K-topとはKind to other peopleの頭文字です。

子どもたちに【人にやさしくできる心の強さを身に付けてほしい!!】という願いを込めています。
人は人の中でしか生きていくことはできません。
どんなに素晴らしい能力を持っていても、
他者への思いやりがない人は、
いつしか社会から疎外されてしまうことさえあります。

それとは反対に誰かのために何かができる。これほど強くたくましいことはないと考えています。
自分以外の誰かや何かのために活躍できる人、それこそがこの社会を強く生き抜く本当の力です。

私たちの教室に通う子どもたちにはこの力を身に付けて欲しい!
その想いを強く持ち、本当に必要とされる存在であり続けることを理念としています。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ