サケのふるさと千歳水族館で『その“サーモン”どこから来たの?2021 ~海と日本PROJECT~』を開催しました!

海と日本プロジェクト広報事務局

2021年10月2日(土)13時~15時

サケのふるさと千歳水族館は、サケの仲間について学び、握り寿司づくり体験等を行うことで、青少年に海の環境や生物、海洋保全に対する理解、「海や水産」への興味や関心を高めてもらうことを目的に、2021年10月2日に『その“サーモン”どこから来たの?2021 ~海と日本PROJECT~』を開催しました。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。


イベント概要
・開催概要:サケのふるさと千歳水族館は、北の「海の宝」の代表格である「サケ」を中心とした飼育・展示と「サケ」を通した教育活動を長期間に渡り実施してきています。本イベントでは、同水族館と北海道大学大学院水産科学研究院および回転寿司店を北海道内で展開している企業とが協力し、寿司ネタとしての「サーモン・サケ」に焦点を当て、座学、解剖、調理、試食といった五感で体験する食育により、「海の宝:サーモン・サケ」を理解してもらい次世代を担う若者に「海や水産」への興味や関心を高めてもらうことを目的としました。
・日程:2021年10月2日(土)13時~15時
・開催場所:千歳市 サケのふるさと千歳水族館 2階学習室
・参加人数:22名
・共催:北海道大学大学院水産科学研究院
・協力:株式会社ダブリュ・コーポレーション/北々亭 千歳店

サケについて学びました
新型コロナ感染拡大の影響で10月開催となりましたが、ちょうどシロザケ(サケ)の遡上の時期で、イベントの内容を考えるとよいタイミングでした。千歳水族館には、世界的にも珍しい、川底を観察できる窓が設置されており、海から戻ってきた産卵間近のサケを見ることができます。
菊池基弘千歳水族館長の司会進行によりスタートし、はじめに北海道大学の清水宗敬教授が、「北海道と世界の“サーモン”」というタイトルで話をしました。まず、北海道のサケ(シロザケ)について食べ物だけでなく文化的にも大事な魚であると説明があり、次に、ノルウェーでサーモン(タイセイヨウサケ)の養殖が盛んなのはフィヨルドという地形が関係しているとの解説がありました。そして、養殖やふ化放流事業が抱えている野生魚の保護の問題を紹介し、まだ野生のサケがいる北海道の重要性を伝えました。

サケの解体
次に、北々亭を運営する株式会社ダブリュ・コーポレーションの高尾営業部長によるサーモンの解体実演が行われました。北々亭千歳店様に準備していただいたお寿司用サケ・サーモン(ノルウェー産タイセイヨウサケ、日高産シロザケ「銀聖」、チリ産トラウトサーモン、虎杖浜産ニジマス(森田養鱒場)およびロシア産イクラ)がずらりと並んだ横で、高尾営業部長による軽やかな説明と包丁さばきがあり、参加者はとても興味深そうに見学していました。

握り体験
そしていよいよ握り体験となりました。参加者の密集を避けるために、2組に分けて、もう一方は水族館のバックヤードツアーを先に体験しました。握り体験も握りブースと握りロボットブースにグループを分けて、密集を避けながら体験しました。試食会では、自分が握ったお寿司を美味しそうにほおばっていました。バックヤードツアーでは、菊池館長の説明で普段見ることのない大きな水槽の裏側や“生”の飼育現場および水族館を裏で支えるポンプ・機械系統を見学しました。
今回は感染対策を第一にしたため、参加者を絞らざるを得なかったものの、様々な工夫により充実したイベントとなりました。


団体概要
団体名称:北海道大学大学院水産科学研究院
本社所在地:北海道函館市港町3丁目1‐1
電話番号:0138-40-5544
研究院長:木村 暢夫
設立:1907年2月
URL:https://www.umicon.jp/
活動内容:水産学に係る教育・研究

本イベント担当機関
団体名称:サケのふるさと千歳水族館
所在地:北海道千歳市花園2丁目312
電話番号:0123-42-3001
URL:https://chitose-aq.jp

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ