日本4位、惜しくも決勝逃す 優勝はオーストラリア -スペイン・セール・グランプリ-

F50-League Japan 合同会社


10月10日(日)カディスで開催されたセールGPスペイン大会は、オーストラリアが優勝し、ホームイベントであるシドニー大会に向け、シーズンチャンピオンシップの首位に返り咲きました。

イギリスはスタート直後オーストラリアの目の前で横転。後続のアメリカはイギリスをかろうじて回避したがその後コントロールを失い大きく失速する(決勝レースにて)

最終日、強風に見舞われたカディスでは、イギリスだけでなく、大会のホストチームであるスペインも、練習走行中に転覆。レース艇に大きなダメージを受けたため、不運にも最終日のレースをすべて棄権しました。

ウイングを大きく破損し、基地にもどるスペイン艇

オーストラリアは、この日の最後のフリートレースでトップフィニッシュするなど、今大会すべてのレースで4位以上という素晴らしい安定性が、彼らのパフォーマンスと優勝のカギだった言えます。スリングスビーとチームはこの優勝で総合首位に返り咲きました。

アメリカは、決勝戦で不本意な結果となりましたが準優勝。シーズンランキングも2位。3位の日本と同ポイントで並んでいます。決勝戦で転覆したにもかかわらず8ポイントを獲得したイギリスは、4ポイント差で総合4位につけています。

ニュージーランドは、二日目の第4レースでトップ。現在の総合順位と同じ5位で大会を終えました。このレースでの1位は、ピーター・バーリングにとってセールGP初勝利となりました。

スペインは、レース前に転覆するという不運に見舞われ、初日トップを取った快心のレースを2日目に再現できず、デンマークの後塵を拝することになり、7位に終わりました。

新人ドライバーのクエンティン・ドラピエルは、F50のトレーニングを始めてまだ1週間しか経っておらず、今回の大会はあまり期待はしていなかったでしょう。初日のレースで2度も最下位になりましたが、2日目の強風下で、最終フリートレースで4位に入り、彼の可能性をアピールしました。

なんとか決勝進出を狙っていた日本は、2レースとも素晴らしいスタートを見せましたが、強風下での走りに少し課題がありそうです。それでも最後のフリートレースで3位に入り決勝進出は逃したものの大会4位、総合でも首位と1点差、2位と同点でトップ3の座を堅守しています。

まさに空中戦!デンマークのピタリ後ろにつける日本

日本チームのロースター(スペイン大会2日目)
ドライバー/ ネイサン・アウタリッジ
ウイング・トリマー / クリス・ドレーパー
フライト・コントローラー/ フランチェスコ・ブルーニ
グラインダー/ 笠谷勇希
グラインダー/ 森嶋ティモシー
グラインダー/高橋レオ
育成選手/ 高野芹奈

各選手のプロフィール
https://sailgp.com/ja/teams/japan/

今季3勝目を挙げたオーストラリア

スペイン大会成績

シーズンランキング

セールGP シーズン2大会スケジュール
第1戦 バミューダ大会(ハミルトン)2021年4月24日(土)・25日(日)
第2戦 イタリア大会(ターラント)2021年6月 5日(土)・ 6日(日)
第3戦 イギリス大会(プリマス)2021年7月17日(土)・18日(日)
第4戦 デンマーク大会(オーフス)2021年8月20日(金)・21日(土)
第5戦 フランス大会(サントロペ)2021年9月11日(土)・12日(日)
第6戦 スぺイン大会(カディス)2021年10月9日(土)・10日(日)
第7戦 オーストラリア大会(シドニー) 2021年12月17日(金)・18日(土)
最終戦アメリカ大会(サンフランシスコ)2022年3月26日(土)・27日(日)

◆お問い合わせ◆
ジャパン・セールGPチーム / 広報 渡部 雄貴(わたなべゆうき)
ywatanabe@sailgpjpn.com +818029729195

セールGP日本語サイト
https://ja.sailgp.com/#l

Partners



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ