『~クラフトビールが大集合!お家で埼玉を楽しもう!~秋の埼玉県産品応援フェア』を開催県内スポーツチームと観光・物産のコラボ展示も実施

一般社団法人埼玉県物産観光協会

(一社)埼玉県物産観光協会(会長:松本邦義)と東日本旅客鉄道(株)大宮支社(支社長:大西精治)は、JR大宮駅西口イベントスペースにおいて、「~クラフトビールが大集合!お家で埼玉を楽しもう!~秋の埼玉県産品応援フェア」を開催します。
今回は、県内で生産しているクラフトビールを40銘柄以上揃えました。他にも、一年をとおして人気のある県産品はもちろん、ビールと相性の良いカレーや麺類、食後のデザートにもお薦めのスイーツもご用意しております。
また、「プライドリームス埼玉」にご協力いただき、県内スポーツチームと観光・物産のコラボ展示も実施します。スポーツ・観光・県産品という3つの面から埼玉の魅力を感じていただけます。


1 日時・場所
【開催日時】10月13日(水)~16日(土)11時~20時
 ※初日は13時開始、最終日は18時終了
【開催場所】JR大宮駅西口イベントスペース

2 出店・出品・展示内容
・県内24団体が出店
クラフトビール(40銘柄以上)を中心に、和菓子・洋菓子・五家宝・お茶・日本酒・レトルトカレー・麺類など
・県内スポーツチームと観光・物産のコラボ展示も実施
(ワーキンググループ「彩の国DMOスポーツ分科会」の発案、「プライドリームス埼玉」のご協力)

3 安全・衛生対策
アルコール消毒液、飛沫防止シートの設置。試飲・試食の中止など。
ご来場の皆様もマスク着用、手指消毒の御協力をお願いします。

———-(以下、詳細です)———-

催事概要

【企画趣旨】
新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛・営業自粛が要請されたことにより、埼玉県内事業者は大きな打撃を受けています。そこで、クラフトビールを中心に埼玉県が誇る県産品を一堂に集め、地元の優れた商品を販売することで、埼玉県内事業者を応援するフェアを開催します。また、県内スポーツチームと観光・物産のコラボ展示も実施することにより、スポーツ・観光・県産品という3つの面から埼玉県の魅力をPRし、県内各地域の魅力度や地元への愛着の向上を図ります。

【催事期間】
10月13日(水)~10月16日(土)
・10月13日(水) 13時~20時
・10月14日(木) 11時~20時
・10月15日(金) 11時~20時
・10月16日(土) 11時~18時

【会 場】
JR大宮駅西口イベントスペース

【出品内容】
クラフトビール(40銘柄以上)を中心に、和菓子・洋菓子・五家宝・お茶・日本酒・レトルトカレー・麺類など(クラフトビールについての詳細は後述)

【展示内容】
ワーキンググループ「彩の国DMOスポーツ分科会」(詳細は後述)の発案、「プライドリームス埼玉」(詳細は後述)のご協力により、県内スポーツチームと観光・物産のコラボ展示を実施。

【出店企業名(24団体予定)】※敬称略、〔 〕は出品例、( )は事業者の所在市町
■クラフトビール
9団体(参照:別紙2)
■スポーツ
大宮アルディージャ(プライドリームス埼玉)(さいたま市)
■和菓子
龜屋(川越市)、くり太郎本舗清月(戸田市)
■洋菓子
A.myu&Kitchen(越谷市)
■五家宝
武蔵屋本店(加須市)
■日本酒
小江戸鏡山酒造(川越市)、権田酒造(熊谷市)
■お茶
服部園(狭山市)、茶商・横山商店(狭山市)、法師園製茶工場(入間市)
■その他
鳩屋販売〔惣菜〕(さいたま市)、そぴあ〔レトルトカレー、麺類など〕(さいたま市)
ヒロファーム〔農産加工品〕(春日部市)、ナガホリ〔枝豆〕(上尾市)、
井上スパイス工業〔スパイス〕(上尾市)

クラフトビールが大集合!

(1)概要
土地柄や作り手の思いが込められた県内の個性溢れるクラフトビールを一堂に集め、埼玉県のクラフトビールの魅力をPRするとともに、新型コロナウイルス感染拡大により打撃を受けている埼玉県内クラフトビール事業者の販売促進を図ります。


(2)クラフトビール出店企業名(9団体)※敬称略、( )は事業者の所在市町
・氷川ブリュワリー(さいたま市)
・協同商事コエドブルワリー(川越市)
・星野製作所(川口市)
・川口ブルワリー(川口市)
・BEAR MEET BEER / 秩父麦酒醸造所(秩父市)
・所沢ビール(所沢市)
・FAR EAST(飯能市)
・麻原酒造(毛呂山町)
・麦雑穀工房(小川町)

(3)出品数
40銘柄以上(予定)
※数に限りがございます。予めご了承ください。

彩の国DMO企画部会 ワーキンググループ「彩の国DMOスポーツ分科会」

(1)概要
埼玉県全域を対象とする観光地域づくり法人(DMO)である「彩の国DMO」では、令和3年6月にワーキンググループ「スポーツ分科会」を立ち上げ、スポーツと観光の連携や、埼玉県独自のコンテンツ造成を目指した活動を行っています。
今回、その取組みの一つとして、埼玉が誇る県産品を一堂に集めた物産展会場にて、県内のスポーツチームと魅力あふれる観光地・県産品のコラボ展示を実施し、3つの面から埼玉の魅力をPRすることといたしました。

(2)メンバー
大宮アルディージャ、関東観光広域連携事業推進協議会、行田観光物産会、協同商事 コエドブルワリー、埼玉県、埼玉縣信用金庫、埼玉りそな銀行、JTB、西武鉄道、テレビ埼玉、ドコモCS埼玉支店、ノースコーポレーション、飯能市、武蔵野銀行、八木橋(五十音順)
事務局:埼玉県物産観光協会

プライドリームス埼玉

(1)概要
「スポーツで埼玉をもっと元気に!!」をキャッチフレーズに、埼玉県を代表するスポーツチームによって2010年3月に設立されました。ひとりでも多くの人に、スポーツの素晴らしさを体感して欲しい。そして、スポーツに親しめる環境を広げていきたい。そんな想いで活動をしています。

(2)会の名称
プライドリームス埼玉PRIDE(誇り)、DREAM(夢)、SPORTS(スポーツ)を合わせた造語。

(3)キャッチフレーズ
スポーツで埼玉をもっと元気に!!

(4)事務局
さいたまスポーツコミッション

(5)事業
・スポーツ、関連イベントの主催、運営
・スポーツ、関連イベントへの参加協力、運営支援
・スポーツの普及振興活動
・スポーツ関連の研修事業
・会員間交流と親睦、及び情報交換

(6)趣旨
仲間づくり、体づくり、心づくり。スポーツは、限りないパワーを備えています。ひとりでも多くの人に、スポーツの素晴らしさを体感して欲しい。そして、スポーツに親しめる環境を広げていきたい。そういった想いから、この会の設立準備が始まりました。各チームは、競技やイベントを通じ、多くの人たちに夢や感動を届け、社会貢献活動にも取り組んでおります。この活動では、さらに競技種目の枠を超えて大同団結して事業を行っていきます。 行政、地元メディア、後援団体、協賛企業の御支援をいただきながら、活動の輪を広げていきたいと思います。

(7)会員
1.正会員は、埼玉県に本拠地を置き、全国トップリーグまたはそれに準ずるレベルで活動していて本会の目的に賛同するスポーツチームまたはスポーツ選手。ただし、当該競技にプロリーグがない場合は、アマチュアチーム・選手であっても参加できる。
2.賛助会員は、本会の目的に賛同する団体または企業。

(8)参加チーム
浦和レッズ、三菱重工浦和レッズレディース、大崎電機ハンドボール部、大宮アルディージャ、大宮アルディージャVENTUS、埼玉西武ライオンズ、さいたまブロンコス、ちふれASエルフェン埼玉、埼玉上尾メディックス、戸田中央総合病院メディックス

(9)共に活動している県・市・町
埼玉県、さいたま市、所沢市、三芳町、狭山市、上尾市、戸田市
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ