「将棋採用」再始動! 対局に勝ったら最終面接! トリプルアイズが将棋で鍛えたロジカル頭脳を募集します

株式会社トリプルアイズ

2021年10月12日(火)、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田雄一郎、以下トリプルアイズ)が、2019年に実施し大きな話題をさらった「将棋採用」を再開することをお知らせいたします。
「将棋採用」とは、アマチュア有段者がトリプルアイズ社内の実力者と対局。勝利した場合には、そのまま最終面接に進める採用試験です。

これまでトリプルアイズは、部活動にて将棋に積極的に取り組んできました。「内閣総理大臣杯 職域団体対抗将棋大会」(主催:日本将棋連盟 後援:朝日新聞社 東京都教育委員会)におきましては、第112回大会でAクラス優勝、第114、第115回大会でSクラス3位、第116回大会ではSクラス準優勝の結果を残しています。
大会結果(日本将棋連盟ホームページ)
https://www.shogi.or.jp/tournament/job_group

■大反響を呼んだ2019年将棋採用

前回(2019年)の将棋採用時には、発表と同時に将棋メディアやSNSなど各所で大きな話題となり、応募者が殺到いたしました。結果11名が採用となり、エンジニア職などトリプルアイズの各部署で能力を発揮しています。将棋採用は、創業者でありアマチュア実力者でもあった今は亡き福原智前代表が率先して行ってきました。その根底には、将棋で培われたロジカルな能力が最大に活かされるプログラミングの職に就いてほしいという考えがありました。

福原は常々、「将棋は、盤面の状況をロジカルに考えながら駒を置いていく。将棋が強い人は、処理の流れを矛盾なく組み立てていくプログラミングに向いている」と話していました。トリプルアイズは本採用を通じ優秀な思考能力をもつ人材を先端テクノロジーの研究開発において活用し、さらなる進化を図っていく考えです。

社員と将棋を指す福原智創業者(2019年)

■優秀な人材の宝庫から積極採用

頭脳の格闘技ともいわれる将棋の有段者が、優秀な人材の宝庫であることはいうまでもありません。将棋に必要とされる、序盤構想の核となるロジカルシンキング、秒読みでも正しい選択をし続ける集中力、時間内に次の一手を選択する決断力は、これからのIT、AIの研究開発には欠かせないものです。こうした能力を豊富に有する人材の積極採用がトリプルアイズの発展を支える一端を担ってきたことは間違いありません。

*応募者多数の場合には、早期に応募を締め切ることがありますのでご承知おきください。

■応募対象
新卒採用(2023年3月卒業予定者)
中途採用

■選考方法
1.エントリー時に履歴書・職務経歴書を提出
2.トリプルアイズ社員(将棋部在籍・有段者)と対局
3.最終面接
4.内々定
(内容は変更される可能性があります)

■対局場所
所司一門将棋センター
習志野市津田沼5-12-12  サンロード津田沼408
https://kisosya.com/

■応募方法
下記メールアドレスの将棋採用担当者宛てにご連絡ください。
shogi-recruit@3-ize.jp

ご応募お待ちしております。

■株式会社トリプルアイズについて
社名:株式会社トリプルアイズ
代表者:山田雄一郎
所在地:東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング12階
設立:2008年9月3日
URL:https://www.3-ize.jp/
事業内容:ITコンサルティング、システムインテグレーション、AI画像認識プラットホームの提供・運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ