デフキッズを対象にデフスタッフによるボディボードレッスン&コンテスト 「挑戦を恐れない」を海を通して伝える 「Kahului デフキッズボディボード運動会」を開催!

海と日本プロジェクト広報事務局

2021年10月17日(日)10時~15時45分 <開催場所>千葉県御宿町海水浴場

一般社団法人 陽けたら海へは、2021年10 月17日にKahuluiデフキッズボディボード運動会(※)を開催いたします。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

※デフとは英語で「聴こえない人、聴こえにくい人」という意味です。


「Kahuluiデフキッズボディボード運動会」は聴覚に障がいを持つお子さん、またはコーダ(※)のお子さんを対象に聴覚に障がいを持つスタッフ、そして私たちの理念に賛同いただいたボランティアスタッフが集まり開催されます。

障がいを持つことはマイナスからのスタートになるかもしれない。けれども、「挑戦することでそのマイナスは大きなプラスになる」と私は多くの子供達に伝えていきたいです。「聴こえない」ことは「宝物」にもなるんだと。

「聴こえないのにできた」から「聴こえないからこそできた」が実感できることがたくさんあります。そんな姿を見た子供達が「僕も!私も挑戦しよう!」と思ってもらい、そこから、聴覚に障がいを持つお子さんたちが自分の「耳」を「個性」として「宝物」のように感じてもらいたいです。

聴覚障がいを持つ人たちが活躍できる社会の実現を目指していきたいと思っております。

※コーダとは、ろう者の親を持つ聴者のこと。(Children of Deaf Adultsの頭文字をとった言葉)

イベント概要

団体・企業概要

団体名称 :一般社団法人 陽けたら海へ
本社所在地 :東京都大田区久ヶ原2-25-8
代表理事 :堀 由美恵
設立 :2021年3月31日
URL :https://akeumi.or.jp/
活動内容  :自身の聴覚障がい者としての様々な経験を生かし、聴覚障がい者を持つ子供たち、そのご両親に「夢、希望、笑顔」の持つチカラを届けることで、障がいの有無による不平等を無くす。同時にその活動を通じて次世代の(健常者の)若者にも「夢、希望、笑顔」を持つことの素晴らしさを伝えたい。


日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ