ヒュンメルが京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズと水辺をきれいにするプロジェクトスタート!

株式会社エスエスケイ

ライバルチームの垣根を越えた「LOVE BLUE PROJECT」

デンマークのスポーツブランドhummel(ヒュンメル)は、B. LEAGUE(Bリーグ)1部の京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズと地域の水辺をきれいにする「LOVE BLUE PROJECT」を立ち上げます。今回、プロジェクトを記念したLOVE BLUEシャツの発売を開始します。


■京滋エリアの水辺をきれいに
「LOVE BLUE PROJECT」は、京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズ、ヒュンメルの3社による環境保全プロジェクト。10月16日に京都市体育館で行われる京都ハンナリーズvs滋賀レイクスターズを皮切りに、来年3月19-20日にYMITアリーナで行われる試合、さらにはシーズン終了後のイベントなどを予定しており、年間を通して、京滋エリアの水辺についての取り組みを進めます。

京都ハンナリーズのキャプテン満田丈太郎選手は、昨シーズン京滋ダービーを経験。「京都と滋賀は、テレビとかでもバチバチしている。その代理戦争みたいな感じで、バスケットも京滋ダービーが盛り上がる。プレイヤーとしても楽しいですし、絶対負けたくないと思います」とダービーの良さを語る。


今回、そうしたライバル関係にあるチーム同士が手を組むことで、より高い効果を発揮できると考えました。滋賀レイクスターズのキャプテン柏倉哲平選手は、「琵琶湖がきれいになるのはうれしいですし、それを京都さんと一緒になって活動できることはとても素敵な活動だと思います。コート内では熱く戦う相手ではありますが、コートを離れた時には、一緒に活動していくことによって、いい影響を及ぼしていくことができると思います」と共同プロジェクトの良さを感じています。


今回、プロジェクトを立ち上げたヒュンメルの責任者である南剛は、「今回、ライバル同士のチームが価値観や文化の違いを認め合い、地域のために行動を共にします。これは、ヒュンメルが理想とする、多様性が認め合えるサステナブルな社会に繋がっていく一歩になると思っています。ライバル同士の取り組みが、チームを超えた輪に広がり、より良い地域社会を築くきっかけになることを願っています」と目的を語りました。

■LOVE BLUEシャツ発売


プロジェクトスタートを記念して、京都と滋賀の水辺をイメージしたTシャツを作成。水色をベースに、京滋エリアの名所をデザインし、水玉模様や波型などの和柄を配置。バスケトボール選手の躍動感ある動きを、歴史ある街並みの中に表現しました。


このLOVE BLUEシャツを10月13日より、京都ハンナリーズ、滋賀レイクスターズのオフィシャル通販サイトで受注予約をスタート。10月16日の京滋ダービーでは会場ブースでの予約も受け付けます。


LOVE BLUEシャツ
Price:5,500円(税込)
Size:150/S/M/L/O/XO/2XO/3XO
*10月21日までにご予約いただくと、11月中旬までのお届けを予定しています。
京都通販サイトURL:https://www.bleague-shop.jp/kh/item/detail/1_14_429_90/001
滋賀通販サイトURL:https://www.bleague-shop.jp/ls/item/detail/1_13_21_02_60_1/1

■11月20日に鴨川清掃実施
このプロジェクトでの清掃活動第1弾として、11月20日に鴨川の清掃を実施します。クラブスタッフらと一緒に鴨川の清掃活動を行ってくれるボランティアの募集を10月13日から11月4日まで実施。応募が多数の場合は抽選となりますが、10月16日の京滋ダービー会場ブース(京都市体育館)では優先受付を実施します。

日時:2021年11月20日(土) 10:00集合、12:00頃解散予定
場所:鴨川周辺
応募フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeJnAYRJJv9rdgJksqrpUej6nwErRpBJAsvgwDUeGIbs7FdHw/viewform
*ご参加いただいた方には、LOVE BLUEオリジナルマスクをプレゼントします。
*詳細は応募期間終了後、参加者への連絡となります。

■京都ハンナリーズについて
京都府を本拠地とし、B.LEAGUE1部西地区に所属しているプロバスケットボールチーム。チーム名は、京ことば『はんなり』から命名。『はんなり』とは『上品で明るく華やかなさま』を表しており、歴史ある日本の都・京都にふさわしい言葉。また、忘れ去られようとしている古式ゆかしき言葉をチーム名に表現することで、文化の継承に役立ちたい、という想いも込められています。
【OFFICIAL SITE】https://hannaryz.jp/

■滋賀レイクスターズについて
滋賀レイクスターズは、地域密着型のプロスポーツクラブで滋賀県初のプロスポーツチームとして誕生。男子クラブとしては、唯一トップリーグに所属するプロクラブとして、滋賀に元気と誇りを届ける。レイクスターズの愛称は、滋賀県民の母なる湖・琵琶湖とチームにかかわる人たちが輝いていけることを願ったものになっています。
【OFFICIAL SITE】https://www.lakestars.net/

■ヒュンメルについて
デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” (スポーツを通して世界を変える)をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新しいチャレンジを続けています。
【OFFICIAL WEBSITE】http://hummel.co.jp
【OFFICIAL ONLINE STORE】https://www.sskstores.jp/hummel/sports/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ