「写真がきれい! と選ばれ続けて90年。カレンダーはヤマケイ」の原点、90年前の『アルペンカレンダー』完全復刻版を記念発売

株式会社インプレスホールディングス

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二宮宏文)は、『創刊90周年記念 復刻デザイン版 アルペンカレンダー2022』を発売いたしました。

 山と溪谷社は現在、毎年70タイトル以上の写真カレンダーを刊行していますが、その出発点となったのが、雑誌  
 『山と溪谷』創刊の翌年1931年(昭和6年)に発売した『アルペンカレンダー1932』でした。しかし、実物を見たものはなく幻の存在でしたが、発売から90年目にあたる今年改めて捜索してみると、倉庫の段ボールから発見されました。今回ヤマケイカレンダー創刊90周年を記念して、この『アルペンカレンダー1932』を完全復刻し、創刊90周年記念 復刻デザイン版 アルペンカレンダー2022』として発売いたしました。
1932年版アルペンカレンダー
 90年前のこのカレンダーはウイークリータイプで、毎週1~2点の日本の山の写真が週替わりで楽しめるデザインとなっています。日本の山とはいっても、富士山、穂高岳といった今なお愛される名峰はもちろん、北は千島のアライト山(2339m)、南は台湾の玉山(新高山、3952m)まで収録されており、時代を反映した構成となっています。近年、規模の縮小が問題となっている蔵王の樹氷原を捉えた写真や、まだ開発がさほど進んでいない上高地の写真などもあり、今と90年前の山の姿を比較してみることもできます。また、冠松次郎や塚本閤治といった、山岳写真の巨匠による作品も見逃せません。
 
 復刻版は、日付や曜日のみを2022年のものに置き換え、写真などのデザインは当時のものをそのまま再現。セピア色の写真や活版印刷のフォントなどが昭和初期のクラシックな雰囲気を醸し出しています。タイトルは、登山用語で多用されていたドイツ語で「ALPEN KALENDER」とあしらわれています。

 色彩豊かな山の美しさを捉えたカラー写真のカレンダーも魅力的ですが、来年は少し趣向を変えて、登山の長い歴史を感じさせるクラシックでおしゃれなカレンダーとともに一年を過ごしてみてはいかがでしょうか。

【商品詳細】
書名:『創刊90周年記念 復刻デザイン版 アルペンカレンダー2022』
価格: 2,200円(本体2,000円+税10%)
発売日:2021年10月12日
仕様: A5判(225×151mm) 54ページ 週めくり 
取扱店:紀伊國屋書店、丸善ジュンク堂書店、Amazon(一部取り扱いのない店舗あり)
※紀伊國屋書店、丸善ジュンク堂書店での販売開始は10月下旬になります。
※全国の書店様からのご注文によるお取り寄せは可能です。
https://www.yamakei.co.jp/calendar/2821858440.html

【山と溪谷社】 https://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。
さらに、自然、環境、ライフスタイル、健康の分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社山と溪谷社 担当:辻本
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
TEL03-6744-1900  E-mail: info@yamakei.co.jp
https://www.yamakei.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ