SLY(スライ)写真家・プロスケーター 荒木塁氏とのコラボレーションアイテムを発売

バロック

2021年10月22日(金)より順次発売スタート

 株式会社バロックジャパンリミテッド(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:村井博之)が展開するファッションブランド「SLY(スライ)」は、写真家・プロスケーター 荒木塁氏とのコラボレーションアイテムを2021年10月22日(金)より順次発売いたします。


 プロスケーターであり写真家としても多岐にわたり世界中で活動する荒木塁氏とSLYのコラボレーションが実現。

 東京オリンピックでもスケートボードが公式競技として追加されるなど、ストリートスポーツにも注目が集まるなか、荒木氏の街を知り尽くすスケーターの目線で切り取られた街の風景を、今期のテーマ「EVOKE POWER」の裏テーマでもある自身のパワーを呼び起こし、ポジティブなマインドで現実に街に繰り出そうというメッセージを彼の作品とリンクさせた2作品のコレクション。

 荒木氏の写真作品には、スケーターでもあるからこその視点、彼にしか生み出せない特有の魅力が宿っている。作品を大胆に全面プリントしたTシャツ、数点の作品を落とし込んだTシャツ計2型を展開。国内外の風景や人物をフィルムで撮影、荒木氏独特の空気感を通したアイテムは1枚でコーディネートの主役になるアイテムです。

ここでしか手に入らないスペシャルアイテムを、ぜひチェックしてください。

【ARTWORK】





【LUI ARAKI x SLY展開商品】

◆LUI ARAKI x SLY BIG PRINT T-SHIRT

作品を贅沢に全面にプリントしたインパクトがあるTシャツ。
長めのスリーブに広めの肩幅。
ユニセックスとしても使えるよう、敢えてルーズなシルエットになっています。

030EAR01-6820
¥6,996 in tax
COLOR:M/ORG,M/BLK
SIZE:FREE

◆LUI ARAKI x SLY PHOTO T-SHIRT


数点の作品を落とし込んだTシャツ。
インパクトのあるカラー使いなので1枚ではもちろん、ニットとのレイヤーコーディネートもおすすめ。1枚でもインナーとしても万能なトップス。

030EAZ01-6810
¥6,996 in tax
COLOR:YEL,M/GRN,BLK
SIZE:FREE

【 About 『LUI ARAKI』 】
神戸市出身/東京都在住Skateboarder , Photographer , L.I.F.E Director プロスケーターであり写真家としても活動する荒木塁(あらきるい)氏。 90年代後半~00年代にかけてNYCのデッキカンパニー”ZOOYORK”に所属し、その後も仏ブランド 「マゼンタ スケートボード」からゲストボードをリリースするなど、洗練されたスキルと独自のスタイルは海外からも非常に評価されている。 また写真家として活動し、国内外の風景や人物をフィルムで撮影し自家現像や自宅の暗室で手焼きプリントを行うというこだわりで数々の作品を残す。また培った経験値で様々なアートプロジェクトも手掛けている。

【 商品取扱店舗、ONLINE STORE 】
2021年10月22日(金)~ 順次発売予定
※発売日は店舗により異なります。
■SLY直営店
■SHEL’TTER WEBSTORE
※SHEL’TTER WEBSTOREのみ10月18日(月)正午より入荷リクエスト受付開始
https://www.ec-store.net/campaign/sly/event/211018araki/index.html

【“SLY” BRAND CONCEPT】
「Casual」「Girly」「Mode」をベースに発信する、ディテールへのこだわりが詰まった、どこか必ず女性らしさを感じるアーバンスタイル。
さまざまなエッセンスをミックスした、時代の空気を体現するコレクションを展開。

SLY HP https://sly.jp
SLY WEB STORE https://www.ec-store.net/category/SLY
SLY Instagram @sly_official
SLY APP https://yapp.li/go/sly

<会社概要>
・ 名称:株式会社バロックジャパンリミテッド(東証一部・証券コード 3548)
・ 創業: 2000 年 3 月
・ 代表者: 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 村井 博之
・ 所在地: 〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-7 青葉台ヒルズ
(企業サイト):https://www.baroque-global.com/
(公式通販サイト):https://www.ec-store.net/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ