【開催決定!】日本最大級のアウトドア業界向けカンファレンス「Outdoor Innovation Summit 2021」オンライン開催

OIS実行委員会

プロ登山家の竹内洋岳氏、フリーアナウンサー大橋未歩氏など登壇者も続々決定中

今年で5年目となる、日本最大級のアウトドア業界向けカンファレンス「Outdoor Innovation Summit 2021(以下、OIS)」が2021年12月2日(木)~12月3日(金)の二日間、オンライン配信にて開催することが決定しました。

【Outdoor Innovation Summitとは】
日本のアウトドアレジャー業界が後世に渡って持続可能であるために、アウトドア関係者・官公庁等、異なる分野のリーダー・イノベーターが集い、アウトドアレジャーへの参加人口増加や地域活性、自然環境保護などの課題を共有し、議論する場として開催される日本最大級のアウトドア業界カンファレンスです。
昨年に引き続き、感染症対策としてリアルの会場での開催は控え、オンラインにて実施いたします。

【今年のメインテーマ】
昨今のアウトドア・レジャーの需要の高まりと、新規参入事業者によって、日本のアウトドア市場は拡大しています。これは市場にとって非常に大きな前進である一方、経済的な成長だけを見ていてはアウトドア産業の持続的な発展は望めません。経済的成長と二律共存する、アウトドア産業の母である「自然環境との共存」という視点に今一度目を向けるべきではないでしょうか。アウトドア事業に関わる人であっても、アウトドアを楽しむユーザー一人ひとりであっても「自然環境の持続可能性」に対して責任を持ち、能動的に行動していくことが持続的なアウトドア産業の発展につながるはずだと考え、今年は「Outdoor Responsibility」をメインテーマに掲げました。

【コンテンツ】
さらにそこから二つのセクションを設け、それぞれの講演テーマを設定しています。
セクション1.:「アウトドアを楽しむ人」×自然環境との共存
(一般ユーザー、アスリート、団体等)
セクション2.:「アウトドアの価値提供者」×自然環境との共存
(メーカーやネットサービス、フィールドのある自治体やフィールドサービス提供しているキャンプ場・ガイド等)
====================================
セクション1.の各テーマ
1)アウトドアズマンが感じる、地球・アウトドアフィールドの変化について
→導入としてアウトドア視点と研究者によるエビデンス視点でマクロな問題提起をいたします。
2)環境やフィールドに優しい消費のあり方について
→具体的に自分たちにできることは何か、参加者誰もが普段のくらしの中で考えることができる、選択することができることについて紹介いたします。
3)「気がついたら環境活動をしていた」を如何にして仕込むか
→さらにアウトドアフィールドにおいて楽しみながら消費者の行動変容を促すことができるのかという可能性について紹介いたします。
4)アウトドアを楽しむすべての人へ自然保護の関心をインストールする
→自然を楽しむための心構えや技術があり、これらが人々に尊重されるようになれば自然環境の持続可能性も実現するでしょう。しかしそのようなことが可能なのか、OISなりの提案をいたします。
====================================
セクション2.の各テーマ
1)アウトドア事業者の考えるESG活動とその取り組みについて
→事業者として独自に果たすべき責任を見定め、事業として取り組んでいる事例とその考え方を紹介いたします。
2)持続可能な観光地域づくりをアウトドアで仕掛けることについて
→過去のOISでも取り上げてきましたが自然資源をアウトドア利用という面で捉え、観光資源や地域振興に活用している事例と可能性について紹介いたします。
3)自然環境に配慮したアウトドアフィールドの開発について
→言うまでもなく破壊的な自然開発はあってはならず、共存と持続可能性を考えるにあたっての視点と気づきについてご提案いたします。
4)来るべきコロナ後のインバウンドの可能性と最新動向について
→コロナ前に期待されていたインバウンドと動きに対し、アウトドア業界から今のうちに押さえておくべきポイントを紹介いたします。
====================================

【Outdoor Innovation Summit 2021開催概要】
アウトドア事業者、自治体、アウトドア業界に参加を検討されている方は奮ってお申込み下さい。
■日時:2021年12月2日(木)10時~17時
2021年12月3日(金)10時~16時
※開始終了時間は変更になる場合があります
■配信:ZOOMウェビナー
※申込者を対象に後日アーカイブ配信あり
■参加費:オンライン視聴チケット:3,500円
※行政、自治体の方は無料となります
※各税込
■参加申込み:事前申込み制
以下専用webサイトよりお申込みください。
https://www.outdoorinnovationsummit.jp/

【サステナビリティの取り組み】
昨年より持続可能なアウトドア業界にしていくために以下二つの取り組みを行いました。その趣旨は変わらず今後も継続していきたいと思います。
1.運営収支の余剰金寄付
会の終了後に収支を参加者に開示いたします。その上で余剰が発生した場合はアウトドアに関連する非営利団体に寄付をさせて頂きます。昨年は最終的に黒字化され、その余剰した収益の全額を「アウトドア環境保護基金」に寄付いたしました。※今回の寄付先は未定です。
2.参加費有料化
日本のアウトドア業界がしっかりと確立され自立自走していくために、OISを参加者一人一人が当事者となって動かしていくプラットフォームにしていきたいという考えのもと昨年から有料化させていただきました。

【協賛をご検討の企業様へ】
OISは協賛企業様の多大なるご支援によって成り立っております。また過去5回の実績からもBtoBのマッチングやサンプリング等ビジネスKPIに寄与します。
今年はより総合的にタイアップ頂けるプランやキャンプ場様向けのプランなど新しいプランもございます。具体的なご提案のご要望、資料送付などは以下事務局までご連絡ください。
メール:ois@rprojectjapan.com

【昨年開催のサマリー動画】

https://youtu.be/5vPJR4y-hRc

【当イベントに関するお問い合わせ】
OIS実行委員会事務局(株式会社R.project内)
担当:古幡 永見
メール:ois@rprojectjapan.com

実行委員会会員:一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン、特定非営利法人リーブノートレイスジャパン、株式会社スペースキー、株式会社R.project
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ