「スポーツで笑顔の輪を」の理念を持つサフィルヴァ北海道、10月20日から札幌市内で交通広告開始!

サフィルヴァ北海道

~バレーボールを通じて北海道を元気に!~

 北海道札幌市をホームタウンとするSafilva北海道(サフィルヴァ)(本社:北海道札幌市、代表取締役:三木智弘)は、V2リーグの2021-22シーズン開幕に伴い、 2021年10月20日から最長2022年6月30日まで、札幌市地下鉄車内と地下鉄バスセンタ-前駅にて交通広告を掲載いたします。

【交通広告掲載情報】
■地下鉄バスセンター前駅壁面サイン広告(コンコース17番)
 掲載期間:2021年10月20日~2022年6月30日
■地下鉄車内窓上ポスター広告枠  ※すべての車両とは限りません
 掲載期間:2021年10月26日~2022年3月31日 

 札幌市地下鉄は、昭和46年12月に全国4番目の地下鉄として誕生し、今年開業50周年を迎えます。北国の町「さっぽろ」の都市生活に欠かせない交通手段として、サフィルヴァ北海道の選手、スタッフも日常利用させていただいています。
 今回の交通広告により、バレーボールという競技を通じて北海道を元気にし、「スポーツで笑顔の輪を」広げていきたく選手、スタッフ一丸となり日々活動してまいります。

 Safilva北海道(サフィルヴァ北海道)は、2016年に設立され、2018年にはVリーグへと参戦。2022-23シーズン には、S1ライセンスを取得いたしました。
V1昇格の目標に向け、一戦一戦を大切に戦ってまいります。選手の熱いプレーにご期待ください。

■Safilva北海道(サフィルヴァ北海道)について (https://safilva-vc.com/
運営会社:株式会社サフィルヴァ
代表者:代表取締役 三木智弘
所在地:札幌市豊平区平岸3条13丁目7-16 ガーデンビル2F

*「Safilva北海道(サフィルヴァ北海道)」ロゴは運営会社の商標および、著作物です。
*記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標および、著作物です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ