セキュリティ教育の新しいスタイルを提供するKnowBe4が、Netflix品質の映画コンテンツ「The Inside Man」の第3弾「シーズン3」を日本語吹替版でリリース

ノウ・ビフォー

同時に、321種の新作を、日本語を含む多言語対応で、世界のセキュリティ意識向上トレーニングをリードする「KnowBe ModStore」に追加

東京発 (20211020) – 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、数々の賞を受賞した映画コンテンツ「The Inside Man シーズン3: Fake Life. Real Consequences(偽りの生活 – 真の結末)」全編(エピソード1~12)を日本語吹替えで日本の顧客向けにリリースしたことを発表しました。


また、同時に、321作品の新作が、日本語を含む多言語対応で世界のセキュリティ意識向上トレーニングをリードするKnowBe4のコンテンツライブラリー「KnowBe ModStore」に追加されました。

KnowBe ModStoreは、セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせたKnowBe4のクラウド型統合プラットフォームでサポートされており、日々巧妙化するハッカーの手口に対抗するための様々なトレーニングコンテンツに加えて、増加し続けるフィッシング攻撃に対応する最新の模擬フィッシング/ランディングページ演習テンプレートを提供しています。202年9月現在提供されているトレーニングコンテンツは以下の通りです。

今回日本語版でリリースされた「シーズン3」は、多くの疑問が未解決のまま終了した「シーズン2」の続編で、ドラマチックな体験を物語風に12のエピソードで展開しています。「The Inside Man」のシーズン3は、世界中から集められた最高のビジュアルアイデアを評価する2021年度のNYX Video Awardsで、eラーニング部門の金賞を受賞しています。また、今年度の優れた映像作品に贈られる栄誉ある賞であるSilver Telly Award(非放送:従業員コミュニケーション部門)も受賞しています。

KnowBe4のチーフエバンジェリストオフィサー兼戦略統括オフィサーであるPerry Carpenter(ペリー・カーペンター)は、次のようにコメントしています。
「KnowBe4は、セキュリティ教育コンテンツ提供のあり方を根本から変えています。その代表作である「The Inside Man」は、大きな成功を収め、シーズン3へと続編を展開することができました。このようなお客様からの評価に加えて、「The Inside Man」は映像業界での高い評価を受けており、優れた世界の映像作品に贈られる2つの国際的な賞を受賞しています。コロナ禍の中で直面している課題を映し出す質の高いビデオシリーズを制作することは、KnowBe4にとって非常に大きな成果だと思っています。シーズン3では、ITセキュリティアナリストの旅の続きを、ユニークで楽しく、魅力的なタッチでお届けします。私たちが楽しんで作ったように、ファンの皆さんにも楽しんで見ていただき、学んでいただきたいと考えています。」

「The Inside Man」は、KnowBe4が2019年9月に吸収合併したTwist & Shout社から提供を受けたものです。Twist & Shoutは、英国と米国に拠点を置く、ビジネス向けのストーリーテリングに特化したビデオ制作とライセンス会社です。ストーリーテリングは、新しいマーケティング訴求手法として近年注目されており、日本市場でもこの手法を活かしたCMが数々登場しています。このシリーズは、ITセキュリティアナリストが新しい仕事を始めるというもので、邪悪な力に操られ、悪の世界へと飛び立つ経緯を描いています。このKnowBe4独自のセキュリティトレーニングコンテンツは、内部犯行によるソーシャルエンジニアリングの脅威を訴え、ソーシャルエンジニアリング、パスワード、ソーシャルメディアなどのトピックをドラマチックに取り上げています。「The Inside Man」では、外部の人間が企業のセキュリティコントロールを破り、企業ネットワークにいかに簡単に侵入できるかを、ストーリーテリングという手法を使って、伝えます。そして、このトレーニングコンテンツの最も重要なポイントは、「人」を標的とするサイバー犯罪の終わることのない企業にとっての戦いを理解してもらうことです。

是非とも、実際にThe Inside Man シーズン3の日本語吹替予告編を次のリンクからご覧ください。https://youtu.be/3B9nbqeW_Rw

KnowBe4について>
KnowBe4(NASDAQ: KNBE)は、セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーです。KnowBe4は、IT/データセキュリティ・エキスパートであるStu Sjouwerman(ストゥ・シャワーマン)によって2010 年8 月に米国フロリダ州タンパベイで設立され、セキュリティの「人的要素:ヒューマンエラーの克服」にフォーカスして、ランサムウェア、CEO攻撃/詐欺、ビジネスメール詐欺(BEC)を始めとする巧妙化するソーシャルエンジニアリング手口などの社員ひとり一人のセキュリティに対する認識を高めることで、「人」を狙うセキュリティ脅威から個人、組織、団体を防御することを支援しています。世界で最も著名なサイバーセキュリティ・スペシャリストであるKevin Mitnick(ケビン・ミトニック)がCHO(Chief Hacking Officer)を務めています。同氏のハッカーの視点に立った知見をベースにKnowBe4のトレーニングプログラムは組み立てられています。2021年8月現在、 4万1千社を超える企業や団体がKnowBe4を採用して、防御の最終ラインとして「人」による防御壁を構築しています。また、日本においては、2019年11月に100%出資日本法人「KnowBe4 Japan合同会社」を設立し、日本国内での本格的な販売及びマーケティング活動を開始しました。 https://www.knowbe4.jp/

<Twist and Shoutについて>
Twist and Shoutは、英国と米国に拠点を置く、ビジネス向けのストーリーテリングに特化したビデオ制作とライセンス会社です。同社は1993年に設立され、創業パートナーのジム・シールズが代表を務めています。Twist and Shoutは、2012年よりNetflix品質の映画コンテンツ制作手法を用い、説得力のある効果的な従業員教育プログラムの制作に取り組んでいます。最初の作品は「Restricted Intelligence」で、6シーズン×5分のモジュールから構成されています。また、KnowBe4が委託した情報セキュリティに関する12エピソードのモジュールドラマ「The Inside Man」はシーズン1、シーズン2、シーズン3と展開され、セキュリティ意識向上トレーニングに新しい流れを生みだしています。http://www.twistandshout.co.uk/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ