≪「ゴルフ倶楽部ゴールドウイン」開場30周年記念イベントの募金など≫ゴールドウイン 「花と緑の銀行 小矢部支店」へ寄附

株式会社ゴールドウイン


株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:渡辺 貴生/証券コード:8111東証一部)は、グループ会社であるゴールドウイン開発株式会社が運営する「ゴルフ倶楽部ゴールドウイン」の開場30周年を記念し、10月17日(日)に開催された、「ゴルフ倶楽部ゴールドウイン開場30周年記念杯」の参加者からの募金を含む寄附金30万円を「花と緑の銀行 小矢部支店」に贈呈しました。

花と緑の銀行は、花と緑に満ちた潤いのある社会になるよう、富山県の“花と緑の県づくり”をすすめる“推進母体”として、昭和48年5月9日に設立されており、小矢部支店の代表を務める小矢部市の桜井森夫市長を、同市を創業の地とし、現在も研究開発施設などを含む本店の所在地とする、ゴールドウインの代表取締役会長の西田明男が10月22日(金)に訪問し、寄付金の目録を手渡しました。

当社は、今後もこのような活動を通じ、自然との共生による持続可能なビジネスモデルで経営理念とする「スポーツを通じて、豊かで健やかな暮らしを実現する」ため、小矢部市と共に歩んでいきます。

桜井森夫 小矢部市長
『ゴルフ倶楽部ゴールドウインの開場30周年おめでとうございます。また本日、ゴールドウイン様より、花と緑に満ちた社会づくりへのご寄附をいただきましたこと御礼申し上げます。頂きましたご寄附につきましては、小矢部市の花と緑のまちづくりを進める「花と緑の銀行小矢部支店」において、苗木や花苗を地域へ配布する事業へ有意義に活用したいと考えております。』

代表取締役会長 西田 明男
『ゴルフ倶楽部ゴールドウインが開場30周年を迎えることができ感謝の気持ちでいっぱいです。今回このような形で、微力ながらも小矢部市の活動のお役にたてることを大変嬉しく思うと共に、今後も小矢部市に密着しながら社会貢献をさせていただきたいと考えています。小矢部市の皆様には引き続き変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。』
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ