スタジアムにおけるAED迅速化システム「RED SEAT」実証実験を10月24日ヨドコウ桜スタジアムにて実施します

公益財団法人日本AED財団

公益財団法人日本AED財団
2021年10月
スタジアムにおけるAED迅速化システム「RED SEAT」実証実験を
10月24日ヨドコウ桜スタジアムにて実施します

AEDの普及啓発、教育訓練活動を展開している公益財団法人日本AED財団はこの度、セレッソ大阪と協力し、スタジアムにおける観客へのAED利用迅速化システム「RED SEAT(レッド・シート)」の実証実験を行うことになりましたのでお知らせします。
「RED SEAT」はスタジアムでAEDを必要とする方に1秒でも早くAEDを届けることでスポーツ観戦中の心臓突然死ゼロを目指す取り組みです。AEDが必要な心停止は年間7.8万人に起こっています。いつ、どこで、誰に起こってもおかしくない病気で、スポーツ観戦中に興奮して心臓発作を起こす人もいます。心停止が起こった時、その救命率は1分経つ毎に10%低下しますが、スタジアムのような広い場所でAEDを現場に即座に届けることは簡単ではありません。そのようなスポーツ観戦中の心停止による死亡者をなくすために「RED SEAT」のシステムが考案されました。
今回の実証実験ではヨドコウ桜スタジアムに設置されているAEDを救命ボランティアが想定心停止現場まで運搬し、その運搬にかかった時間を計測(運搬には模型を使用)します。その結果をもとに適切なAEDの配置数、位置、密度などを検証します。また、この活動を実施することで、スタジアムスタッフやセレッソファンの救命に対する意識の啓発も図ります。実証実験の概要は下記にてご確認ください。

< AED設置体制整備に向けた実証実験 概要 >
日時:10月24日横浜F・マリノス戦の19時00分(キックオフ)前
場所:ヨドコウ桜スタジアム観客席
参加:(公財)AED財団、セレッソ大阪
目的:ヨドコウ桜スタジアムにおける適切なAEDの設置数、位置、密度の検証。スタジアムスタッフやセレッソファンの救命に対する意識啓発
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ