60万人超のデータで「血液型と性格」を実証!書籍化して出版

一般社団法人 ヒューマンサイエンスABOセンター

【新刊】デジタル時代の「血液型と性格」-AIと60万人のデータが開けた秘密の扉

一般社団法人ヒューマンサイエンスABOセンター(東京都中央区 代表理事 市川千枝子)の研究員である金澤正由樹は、最新情報満載の新著『デジタル時代の「血液型と性格」-AIと60万人のデータが開けた秘密の扉』を11月1日に出版します。

本書は、のべ60万人を超える大量のデータを、AIなどの最新デジタルテクノロジーで多面的に解析し、心理学的に血液型と性格の関連性を実証したものです。この結果、各血液型に目立つ傾向「O型は首相や大富豪」「A型は文科相」「B型は個人スポーツ」「AB型は都知事や米大統領」などもわかりました。従来のデータを統一的に説明できる研究としては、世界初のものとなります*。

なお、巻末には東京オリンピック全メダリストや皇族の血液型を収録するとともに、金澤が執筆した英語論文3編と使用した6,000人の生データの入手方法を紹介しています。

■竹内久美子氏による帯文
“血液型と性格の間には何の相関もない。血液型と性格が関係すると考えるのは日本人だけ。”
かつて心理学者が「性格テスト」によって導き出した結論とそのプロパガンダだ。
けれども血液型が免疫の型であると理解していれば、関係ないなんて言えない。
本書は膨大なデータとAIを駆使してこの問題に取り組んだ快著だ。
《動物行動学研究家 竹内久美子》

■内容の紹介
最新の日本、アメリカ、中国の大富豪について調査したところ、上位はO型が圧倒的でした。

また、40年以上にわたる日本人アスリートの血液型データを収集し、これらについて一体的に統計的な解析を行いました。この結果、多くの場合に「O型は球技が得意」なこと、そしてまた「B型は個人競技に強い」ことなどを実証しました。B型は他人に束縛されることを好まないため、個人競技で実力を発揮するようです。

70年以上にわたる政治家のデータを解析した結果では、「首相はO型が多い」のに対して、「文科相はA型が多い」ことなどが確認されました。このことは、政治家に求められる資質が、ポストによって大きく異なる可能性を示しています。

このほか、「歴史作家に多いA型」「男子フィギュアはB型ばかり」「血液型が同じ恋人はもたない」「時代で変わる将棋棋士 A型→B型→AB型→O型」などの興味深い傾向が見られています。

そしてまた、「ネイチャー」などの論文で得られた60万人を超えるデータに、これを補完する日本人4,000人の独自調査の結果をプラスし、性格心理学の理論に基づいて一体的に解析を行いました。

結果は、血液型の特性とされる質問の回答で、どの血液型でも、自分の血液型に「当てはまる」という数値が、他の血液型より大きくなりました。なお、従来は差があるかどうか不明確であった「血液型と性格の知識が全くない」「血液型と性格は全く関係ない」という回答者においても、すべての血液型で同じ傾向の差が見られました。

これらは、すべて統計的に意味がある差であり、数多くの調査において、血液型と性格の関連性を明確に実証したものと言えます。

■書籍情報
デジタル時代の「血液型と性格」-AIと60万人のデータが開けた秘密の扉
A New Statistical Guide to Blood Type Humanics (2nd Edition)
金澤 正由樹 著
2021年11月1日 発行(鳥影社)
URL: https://www.choeisha.com/pub/books/59293.html
※1 紙版と電子書籍版を同時発売
※2 Amazonで11月1日に先行発売し、以降は全国の書店で順次発売予定

■目次(抜粋)
第1部 統計で見る血液型と性格
 第1章 スポーツと血液型
 第2章 政治と血液型
 第3章 カルチャーと血液型
 第4章 愛情と恋愛と血液型
 第5章 AIと血液型
第2部 心理学で見る血液型と性格
 第6章 否定論は全部ウソだった!
 第7章 60万人のデータによる検証
 第8章 性格テストで差が出ない理由
 終 章 専門家が反対する理由
補足説明
主な参考文献
英語論文
東京オリンピック全メダリストの血液型
皇族の血液型

関連論文情報
1. Relationship between ABO Blood Type and Personality in a Large-scale Survey in Japan
URL: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000076346.html
2. A Pilot Study Using AI for Psychology: ABO Blood Type and Personality Traits
URL: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000076346.html
3. Linkage between ABO Blood Type and Occupation: Evidence from Japanese Politicians and Athletes
URL: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000076346.html
※いずれの学術誌にも査読があり、京都大学や東北大学などの論文が掲載されています。

■ヒューマンサイエンスABOセンターについて
日本で血液型と気質・体質の関係に関する研究が始まったのは1920年頃で、現お茶の水女子大学の教育心理学者であった、古川竹二教授がそのパイオニアでした。その後、作家、能見正比古は、1971年に出版した「血液型でわかる相性」を発端に独自の調査分析によって研究を成熟させ、国内外の関心を集めました。現在まで、日本はこの分野において世界で最も多くの研究が行われています。当センターは、能見正比古の研究実績を受け継ぐとともに、血液型と人間の関係における研究を更に探究するため、国内外のさまざまな方面からメンバーを募り研究促進を図っています。
URL: https://www.human-abo.org/

■注記
* ヒューマンサイエンスABOセンター調べ 2021年9月現在
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ