「SAVE THE HOPE ライオンズ オレンジリボン運動プロジェクト」デザインのシェアリング傘を西武線の「アイカサ」のレンタルスポットを中心に展開します!

株式会社Nature Innovation Group

・球場内だけでなく、より多くの西武線沿線の皆さまへ「オレンジリボン運動」を紹介。・SDGs の達成、サステナブルな社会の実現に向けた取り組み。

西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:喜多村 樹美男)では、傘のシェアリングサービス「アイカサ」を提供する株式会社 Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区、社長:丸川 照司)と連携し、株式会社西武ライオンズ(本社:埼玉県所沢市、社長:居郷 肇)が取り組む「SAVE THE HOPE ライオンズ オレンジリボン運動プロジェクト」のロゴなどを用いたデザインの傘を共同制作しました。このデザイン傘は西武線の60駅92か所に設置されている「アイカサ」のレンタルスポットを中心に 2021年11月1日(月)以降、順次配置します。「アイカサ」サービス登録者は通常のシェアリング傘と同様にご利用いただけます。

西武鉄道株式会社
株式会社Nature Innovation Group
株式会社西武ライオンズ

この度の連携は、西武ライオンズが取り組む、子どもの虐待をなくすことを呼びかける「SAVE THE HOPE ライオンズ オレンジリボン運動プロジェクト」、そして西武鉄道とNature Innovation Groupが取り組む西武線の駅での「アイカサ」の展開が、「子どもが健康に平和に暮らせる社会の実現」、「ビニール傘の廃棄削減」という点で、どちらの施策もSDGsの達成、サステナブルな社会の実現に向けた取組みであることから、互いの活動に賛同する形で実現しました。

埼玉西武ライオンズの森脇亮介投手をモデルに起用した告知ポスター

SAVE THE HOPE ライオンズ オレンジリボン運動デザインのシェアリング傘について

【配置期間】
2021 年 11 月 1 日(月) ~ 2022 年 11 月 30 日(水)
【配置本数】
300 本
【配置場所】
西武線の駅の「アイカサ」レンタルスポット(60駅に合計92か所) ※どこのスポットへも返却可能な「アイカサ」サービスの仕様上、開始後は上記の スポットに配置されていない場合もございます。
【傘デザイン】
多くの方に手に取っていただき、企画の趣旨を知っていただきたいという想いから オレンジリボン運動のカラーであるオレンジ色をワンポイントとして配し、 性別・年齢問わず誰でも使いやすいカラーリングデザインにしました。 傘の帯にもオレンジ色を採用し、傘を閉じている時にはオレンジ色のリボンで結んで いるようなデザインをイメージしています。

*画像はイメージです

【ポスター展開について】
埼玉西武ライオンズの森脇亮介投手をモデルに起用したポスターを 配置開始の 2021 年 11 月 1 日(月)から、西武線の車内や駅等で掲出します。

今回の取り組みを通じて特に貢献可能な「SDGs17項目」目標ターゲット

目標12(つくる責任 つかう責任)  ※ビニール傘の廃棄削減
目標16(平和と公正をすべての人に) ※オレンジリボン運動の推進

「SAVE THE HOPE ライオンズ オレンジリボン運動プロジェクト」について

西武ライオンズは、地域コミュニティ活動「L-FRIENDS」の1つの柱である「こども支援」の基本理念である“青少年の健全育成”の一環として、2019 年より子どもの虐待をなくすことを呼びかける「オレンジリボン運動」に賛同しさまざまな活動を行っています。2021 年 7 月 3 日(土)の埼玉西武ライオンズ対オリックス・バファローズでは、3 回目となる 『SAVE THE HOPE ライオンズ オレンジリボン運動デー』を開催しました。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」とは

「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の本格的な傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をその都度購入せずに、「アイカサ」を借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りのレンタルスポットに傘を返却することができるのが特徴です。現在は、東京駅や新宿駅をはじめとした都内全域と関東、関西、福岡、岡山、愛知などでの展開を合わせて、スポット数約850か所に設置しております。「アイカサ」累計登録ユーザー数は合計約20万人(2021年9月27日時点)。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、傘をシェアし使い捨て傘ゼロを実現する社会づくりをミッションにしております。


「アイカサ」公式サイトURL: https://i-kasa.com/

西武線の駅における「アイカサ」展開について

西武鉄道株式会社は、2019年9月に新宿線(西武新宿~本川越駅の全29駅)にレンタルスポットを設置し、「アイカサ」の展開を開始しました。その後設置箇所を拡大し、現在は西武線の60駅に合計92か所の「アイカサ」スポットが設置されています。西武線沿線にお住まいのお客さまの利便性向上に加え、電車内・駅構内での傘のお忘れ物の削減、それにともない、廃棄されるビニール傘の数の削減を通じて、環境の保護に貢献します。

◇「アイカサ」に関するお問合せ先
株式会社Nature Innovation Group
TEL.050-3188-7642

◇西武鉄道に関するお問合せ先
西武鉄道お客さまセンター TEL.(04)2996-2888
音声ガイダンスのご案内により、メニューをお選びください。
[営業時間: 全日9時~17時(12/30~1/3を除く)]

◇「SAVE THE HOPE ライオンズ オレンジリボン運動プロジェクト」に関するお問合せ先
埼玉西武ライオンズインフォメーションセンター
TEL:0570-01-1950(平日 10 時~ 18 時)
※土・日・祝日は休日となります。

【この資料に関するお問合せ先】
西武鉄道株式会社 広報部 手老・曽根・宮川・渡辺  TEL.(04)2926-2045
(株)Nature Innovation Group 広報 加藤  TEL. 050-3188-7642  MAIL: info@i-kasa.com
株式会社西武ライオンズ 広報部 服部・飯山  TEL. 070-4880-3405、080-7760-9450
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ