琉球アスティーダ代表の早川周作が九州アジアリーグの理事に就任

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社(所在地:沖縄県中頭郡中城村、以下琉球アスティーダ)代表取締役の早川周作が、本日一般社団法人九州アジアプロ野球機構(所在地:福岡県福岡市、理事長:田中敏弘、以下九州アジアリーグ)の理事に就任しましたことをお知らせ致します。

琉球アスティーダは会社創設から約3年でプロスポーツチームとして日本初の上場を果たしました。またTリーグに所属する卓球チームは初年度最下位から日本一のクラブチームとなりました。
九州アジアリーグは2020年11月に設立、日本独立リーグ野球機構(IPBL)に正式に加盟し、2021年から公式戦を実施しています。またSDGsや地方創生にも力を入れています。
この度双方にて、沖縄からアジア、そして世界を 獲りに行く志や考えが一致し、早川の理事就任に至りました。

今後、九州アジアリーグは沖縄にも拠点を置き九州、沖縄のone九州でアジアマーケットに果敢にチャレンジをしていきます。
また、琉球アスティーダと連携協力のパートナーシップを組み、スポーツの発展、さらに施設の指定管理等幅広い事業を行います。

<琉球アスティーダ 代表取締役 早川周作コメント>
この度、九州アジアリーグの理事に就任致しました。
琉球アスティーダは設立当初から「沖縄から世界へ。世界を獲り行くよ」とスローガンを叶え、着実に進んでいます。今年3月上場を果たし、スポーツがビジネスとして成り立つ仕組みづくりを加速しています。
これからも新たな事業に挑戦してまいりますし、理事就任により九州アジアリーグと連携していくことで、野球・卓球はもとより、スポーツ界全体の発展に貢献してまいります。

<九州アジアリーグ 代表理事 田中敏弘様コメント>
琉球アスティーダの企業理念に賛同し、早川代表に理事を引き受けて頂くことなりました。
上場という手段を活用し、出資を通じて地域住民や企業に支えられ、スポーツチームの活躍が企業の価値向上につながる、地域スポーツビジネスの新たな挑戦を目指す考えに寸分狂わず同感です。琉球アスティーダと足並みを揃え、多くの地域企業やスポーツ関連企業の経営サポートに努めたい所存です。

■琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社
代表者:代表取締役 早川周作
所在地:沖縄県中頭郡中城村南上原 1112-1 オーシャンビュー松山IIB1 階
資本金及び資本準備金の合計額:1 億9,900万円
設立:2018 年 2 月 23 日
証券コード:7364
事業内容:プロ卓球リーグ「Tリーグ」に参戦するプロチームの運営、スポーツバル、
卓球教室、卓球物販 EC サイト運営等、総合型地域スポーツクラブとして
『沖縄×スポーツ×○○』を テーマに様々な企業のマーケティングを支援。
企業サイト:https://ryukyuasteeda.jp/

■一般社団法人九州アジアプロ野球機構
代表者:代表理事 田中敏弘
所在地:福岡県福岡市博多区堅粕4-1-12 嶋井ビル2F
設立:2020年11月2日
リーグ名称:九州アジアリーグ
加盟球団 :2球団(2021年1月現在)
事業内容:九州アジアプロ野球リーグの運営、審判・記録・配信、広報・宣伝業務、データ分析
サイト:https://bfk.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ