10月31日のハロウィンはdTVで配信中の映画を鑑賞しておうち時間を楽しもう!「ハロウィンの夜に観たい映画」人気アンケートを発表!!

エイベックス通信放送株式会社

さぁ今年もハロウィンの日、10月31日がやってきます。コロナの影響もあり「大いに盛り上がりましょう!」とは言えませんので、今年は家族や友人たちと少人数で映画鑑賞はいかがでしょうか。そこでこの度、映像配信サービスdTVでは、「ハロウィンの夜に観たい映画」の人気アンケート調査を実施。その結果を発表しました。

第1位は世界的に大ヒットしたホラーコメディ『ゴーストバスターズ』で141票を獲得。選んだ理由としては「コメディ要素もあり、面白い」(40代女性)、「怖いだけの映画ではないから」(50代以上女性)、「何度見ても楽しめるから」(40代女性)、「楽しく鑑賞できるため」(50代以上女性)、「家族で楽しめるから」(40代男性)といったコメントが多く、大人も子供も楽しめる要素が満載なので家族や友人たちと観るにはもってこいの映画といえます。当時は主題歌もヒットし、まさに80年代を代表するエンターテインメント作品の一本です。

第2位は79票を獲得したクリスティーナ・リッチ主演のファンタジーコメディー『キャスパー』。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めたことでも有名です。選んだ理由では「可愛いゴースト」(40代女性)、「可愛いので安心して見られる」(40代女性)、「子供と一緒に見るなら可愛いオバケが出る方がいいかなと思いました」(40代女性)、「何十年も前に見たものだが、未だに覚えていてとても可愛くて何故か暖かくなる内容だったので」(50代以上女性)など、ゴーストなのに可愛さにやられたというコメントがたくさん。ちょっと怖いけど、笑って泣けて心が温まるストーリーは親子で観たい映画といえます。

第3位はM・ナイト・シャマラン監督、ブルース・ウィリス主演のサスペンススリラー『シックス・センス』で65票。選んだ理由の多くが、「最後までの展開が良かった」(50代以上男性)、「ラストに驚かされました」(40代女性)、「シックス・センスは結末にびっくりさせられた懐かしい名作」(50代以上女性)というように、ラストの展開が衝撃的な作品です。

僅差で第4位になったのは、アニメーション映画『モンスター・ホテル』で61票を獲得。「怖いだけでなくユーモアありの楽しい作品だから」(50代以上女性)、「ハロウィンを楽しみたいから」(30代女性)、「可愛い感じで子供と見れるから」(50代以上女性)、「家族で怖すぎずに楽しみながら観たいから」(30代女性)などが選んだ理由として目立ちました。肩の力を抜いて楽しめる作品ですね。

第5位は、主演のホアキン・フェニックスがインパクトのあるジョーカーを演じアカデミー主演男優賞を受賞した『ジョーカー』で51票を獲得。選んだ理由は「面白かった」(50代以上男性)、「印象に残っているから」(10代女性)など。

第6位は48票の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり』。スティーブン・キングの小説を映画化し大ヒットを記録したホラーです。「ピエロはハロウィンにピッタリだと思うから」(50代以上女性)、「ドキドキするのがイイですね」(50代以上男性)などのコメントからも分かるように、“怖い”と“ドキドキ”が大好きな人には文句なしにおすすめの作品です。

第7位は、奇妙なマスクを着けた殺人鬼が登場するホラー『スクリーム』で40票。「ハロウィンのお面と言えば思い出すのが、コレです!」(50代以上男性)、「ハロウィンの雰囲気をしっかり楽しめつつ、怖さもあるから」(40代女性)など。

第8位は、70年代前半に世界中にオカルトブームを巻き起こした『エクソシスト』で36票。「心霊モノと、怖いモノが好きだから」(40代女性)、「衝撃を受けた作品」(50代以上男性)など。

第9位は、ニコラス・ケイジ主演のホラー『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』で26票。「なんか、怖そう」(50代以上女性)、「ハロウィン仮装も出てきて、本場のハロウィンはこんな感じなのかなぁっと思って見てます」(40代女性)など。

第10位は、2人の男子高校生がハロウィンの夜に不思議な体験をするダークファンタジー『シークレット・オブ・ハロウィン』で24票。「ハロウィンらしくていい」(30代女性)など。

その他、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『チャーリーとチョコレート工場』、『ホーンテッドマンション』、『霊幻道士シリーズ』、『アダムス・ファミリー』、『E.T』なども挙がってきました。

また、「今年のハロウィンはどのように過ごしますか?」という質問の回答からは「映画鑑賞」という人が多いことが分かりました。
・「美味しいご飯を食べる」(20代女性)
・「静かに家で過ごす。映画もいいね」(40代女性)
・「自宅でいつも通り」(50代以上女性)
・「サブスクで映画鑑賞」(40代男性)
・「家で映画見て過ごします」(50代以上男性)
・「コロナ感染対策のため、家でテレビ観戦」(50代以上男性)
・「ハロウィンの置物などを飾り付けして楽しむ」(20代女性)
・「おうちでご馳走を作って、ハロウィンパーティーしたいなと思ってます」(20代女性)
・「お菓子を沢山食べながら映画タイムを過ごす」(30代女性)
・「家族とホームパーティー」(30代男性)
・「仕事で、オンラインを使ってのイベントをする予定」(50代以上女性)

さらに、「今年のハロウィンで着たいコスプレを教えてください」という質問には、バラエティーに富んだ回答がー。
「赤ずきん」(20代女性)
「大谷翔平」(50代以上男性)
「カボチャの着ぐるみ」(40代女性)
「骨」(20代女性)
「胡蝶しのぶ」(50代以上男性)
「チャイナドレス」(20代女性)
「魔女になりたい」(30代女性)
「愛犬は吸血鬼、二歳の娘はパンプキン、ママの私は怖い人形のようなメイクをしようかなと思ってます」(20代女性)
「ハーレイ・クインになりたい」(30代女性)
「キョンシー」(30代男性)
「マシュマロマン」(40代男性)
「欅坂46のサイレントマジョリティーの衣装」(30代女性)
「アイアンマン」(20代女性)
「ミニオン」(40代女性)
「我妻善逸」(40代女性)
「ジョーカー」(30代女性)など

お気に入りのコスプレをして、dTVの映画鑑賞でハロウィンの夜を楽しみましょう。

<ハロウィンに観たい映画作品特集ページ>
https://bit.ly/3BfAV9Q

<調査方法>
調査期間:2021年10月1日~28日
調査対象:dTV有料会員
調査方法:インターネットによるアンケート(※複数回答可)

<dTVサービスサイト>
https://video.dmkt-sp.jp/

<dTVに関する情報まとめサイト>
https://info.dtv.jp

■dTVサービス概要
人気の映画やドラマ、音楽ライブまで話題作ゾクゾク追加中!
dTVでしか見られない話題作も!価格は月額550円(税込)※1
大ヒット映画や話題のドラマ、放送中の最新アニメをはじめ、見逃していた韓流ドラマまで子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの話題作が毎月ゾクゾク追加され、月額550円(税込)※1で楽しめます。
毎月新着作品が追加されるから、見たい作品にいつでも出会えます。
さらに、最新映画や放送中のテレビドラマの見逃しも、新作レンタルが可能。
新作レンタルには、dポイントも使えます。スマートフォン、テレビ、タブレット、パソコンでも見られるからあなたの生活に合わせて、いつでもどこでも使えます。
ドコモのケータイ回線をご利用中の方はもちろん、ドコモのケータイ回線をお持ちでない方も、携帯キャリアを選ばず、誰でもカンタンWEB登録が可能です。
そして、初めて登録される方は、初月無料です。(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金がかかります)※1※2で利用できます。
※1 App Store、Google Playでの購入は月額650円(税込)。契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1か月分の料金となります。日割り計算はいたしませんのでご注意ください。
※2 キャンペーン期間中(2014年11月1日~)に初回お申込みの場合に限り、7日間の初回無料期間を31日間に延長して適用します。その他の適用条件は、初回7日間無料と同様となります。ただし、31日間の初回無料期間が適用されている間は、権利者の都合により、一部ご視聴になれないコンテンツがあります。過去に7日間の初回無料の適用を受けたお客さまで、本キャンペーンの適用を受けていないお客さまは適用対象となります。App Store、Google Playでの購入を除く。
本キャンペーンを終了する際は、「ドコモのホームページ」にてお知らせいたします。
本キャンペーンは予告無く内容を変更させていただく場合がございます。

◆ご利用方法
dTV WEBサイト(https://video.dmkt-sp.jp )から会員登録

◆視聴デバイス:テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能
※別途パケット通信料がかかります。
※デバイスによっては一部ご視聴いただけないコンテンツがあります。
※ドコモの回線契約がないお客さまが本サービスをご利用いただくには、「dアカウント(R)」が必要です。「spモード(R)」契約でのご利用とサービス内容やお支払方法が異なる場合があります。また利用料のお支払いはクレジットカードのみとなります。
※「dTV」「dアカウント」「spモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ