内田篤人氏のサッカーの思考・感性を本人視点のVR映像で体感! 疑似体験型のスポーツVRコンテンツ「FEEL THE SENSE of 内田篤人」11月1日より公開

Quadratic Playground PR事務局

「Quadratic Playground」は、株式会社NTTドコモが展開する、「正解よりも、楽しいを答えに。」をコンセプトに、デジタルネイティブに向けたプロジェクトとして2021年9月より始動しました。さまざまなテクノロジーや表現を掛け合わせ、MUSIC・SPORTS・WEB CM、3つのジャンルで、これまでにない新しいエンターテイメントを展開しています。

この度、サッカー元日本代表 内田篤人氏とのコラボレーションにより、本人の視点でサッカーのプレーを体感できるスポーツVRコンテンツ「FEEL THE SENSE of 内田篤人」を2021年11月1日(月)より公開いたします。また、限定ギフトが抽選で当たるプレゼントキャンペーンも実施いたします。

「Quadratic Playground」特設サイト:https://www.qplay.jp/

内田篤人氏のサッカーの思考・感性をQuadratic Playgroundが本人視点のVR映像に!

「Quadratic Playground」のSPORTSジャンルの取り組みとして、トップアスリートの視点と思考を凝縮したコンテンツ制作に挑戦しています。今回、サッカープレーヤーとして国内外で実績を残し日本代表としても活躍した内田篤人氏とコラボレーションし、実際にサッカーをプレーしているときのご本人の視点をVR映像化して思考や感性を凝縮した「FEEL THE SENSE of 内田篤人」を制作いたしました。

VR映像では、内田篤人氏の「サッカーうまくなりたいんだって?じゃあ、オレの中へ入れ!」という呼びかけから、視聴者が内田篤人氏の視点に切り替わるシーンからスタートします。内田篤人氏が実際に頭部に装着した360度カメラから撮影した映像を通じて、あたかも自分が「内田篤人」になったかのように本人視点で様々なプレーを擬似体験することができます。

基礎的なパス回しやロングパスのポイント、試合に臨むときの心構え、試合時の1on1や連携プレーでの体と視点の使い方など、練習や試合における基礎とプレーシーンを内田篤人氏の視点で体感することができます。重要なポイントでは巻き戻しやスロー映像を交え、内田篤人氏ならではのスキルや思考を音声で丁寧に解説しています。臨場感ある360度映像と音声の両方が組み合わさることで、これまでにない感覚でトップアスリートのプレーを学ぶことができます。

この取り組みは、サッカー初心者だけでなく熱心に取り組む人にも発見や学びがあるコンテンツであるとともに、指導者にとっても従来の指導やトレーニングとは異なるアプローチの新たなツールとしての活用も目指しています。

「内田篤人の体の中に入り込む」という擬似体験を通じてサッカーの楽しさをお届けするとともに、5G時代におけるスポーツ領域の新たなVRコンテンツとしてお楽しみください。

映像概要
タイトル:Quadratic Playground|FEEL THE SENSE of 内田篤人
特設サイト:https://www.qplay.jp/uchida-atsuto/
VRプロデュース:Quadratic Playground by NTTドコモ

内田篤人 コメント

今回プロジェクトに参加させて頂いたのは、僕自身が“楽しい”ということを人生の選択の場面で大事な要素としてきたので、プロジェクトコンセプトを聞いた時に共感したのが理由の一つです。
今まで選手として感覚でやっていたことを、現在は教える立場になり、いかに分かりやすく若い選手たちに伝えるかは課題の一つなので、今回のようなVR映像などの手法は新しくて斬新でとてもわかりやすいですし、今後実践で活用出来る日が来るのではないかと楽しみになりました。
見所は、ウォーミングアップから試合終了まで、僕が今までプレーしながら感じていたことをVR映像に詰め込みましたので、皆さんに内田篤人の中に入ってもらって僕が見ていた視点や考え方を感じてもらえると面白いと思います。このコンテンツを使えば、メッシ選手がドリブルしている時にどんな景色が見えているのか、色んな競技のトップアスリートたちがどんな視点でプレーしているのかなど新しい発見がたくさんあると思いますし、今後の展開がとても楽しみです!是非みなさん体験してみてください!

内田篤人 プロフィール
1988年3月27日生まれ(33歳)静岡県出身。
2006年 清水東高校から、鹿島アントラーズに加入。クラブ史上初となる高卒開幕スタメンの座を勝ち取り、不動のレギュラーとして史上初のJリーグ3連覇に貢献。2008年に、弱冠19歳ながら日本代表にも招集された。2010年にドイツの強豪シャルケ04へ完全移籍。日本人初のUEFAチャンピオンズリーグ ベスト4進出などヨーロッパの舞台で数多くの記録を樹立した。
2018年、古巣の鹿島アントラーズに復帰しクラブのACL初優勝に貢献するなど活躍。2020年8月に惜しまれながらも現役を引退。2008年北京五輪出場、2010年・2014年FIFAワールドカップ出場。

内田篤人 × Quadratic Playground プレゼントキャンペーン

臨場感あるVR体験をより楽しんでいただくために、限定ギフトが詰まったコラボパックのプレゼントキャンペーンを2021年10月26日(火)より実施しています。内田篤人氏が現役時代に愛着のある背番号として着用していた「2番」を背負ったオリジナルコラボユニフォームと、自身のスマホを組み合わせて使用することでより没入感のあるVR映像体験ができるオリジナルVRゴーグルを抽選で300名様にプレゼントします。プロジェクト特設サイトより応募が可能です。また、MUSICジャンルのコラボパックも同時に応募中です。



キャンペーン概要
・対象商品:内田篤人コラボパック 300名様
(Quadratic Playgroundコラボオリジナルユニフォーム+オリジナルVRゴーグルセット)
・応募期間:2021年10月26日(火)12:00 ~ 2021年11月14日(日)23:59
・応募方法:「Quadratic Playground」特設サイト(https://www.qplay.jp/)より応募
・当選発表:賞品の発送をもって当選発表に代えさせていただきます。
・商品発送:2021年11月下旬頃に発送予定
※ご応募は、おひとり様1回限りとなります。お選びいただいた商品の変更はできません。
※当選された賞品の交換及び第三者への転売や当選権の譲渡はできません。

「Quadratic Playground」概要

「Quadratic Playground」は、株式会社NTTドコモが展開する、デジタルネイティブへ向けて新しいエンターテイメントを生み出していくプロジェクトです。

プロジェクトWEB CMとして、次世代を担う注目若手俳優・モデルの横田真悠・seidai・窪塚愛流を起用して、自由な世界観をダンスで表現するWEB CM「正解よりも、楽しいを答えに。」を2021年10月20日(水)より公開しました。

MUSICジャンルでは、小説を音楽にするユニット「YOASOBI」とコラボレーションし、「大正浪漫」の公式ミュージックビデオをQuadratic Playgroundが制作。高瀬裕介監督の指揮する制作チームのもと、窪之内英策氏が生み出したキャラクターイラストとシャフトのアニメーション制作によって2021年9月16日(木)に公開し、これまでに再生回数は1000万回を突破するなど国内外で大きな反響を得ています。2021年10月26日(火)には、「大正浪漫」の原作小説と楽曲の両方を楽しむ体験をさらに拡げる挑戦として、新たに「大正浪漫」公式VRスペシャルムービーを制作し公開。公開から5日で50万回再生され、書籍・楽曲・VRのコンテンツの境界を横断した体験として人気を評しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ