アブダビ首長国、自転車競技の世界的統括団体である国際自転車競技連合より、アジア初の「UCIバイクシティ」認証を授与される

ADMO

· 世界級の自転車イベントの開催や、地域における自転車競技の振興、既存のサイクリングインフラとプログラムを拡充する取り組みが評価された

· 2022年、2024年のUCIアーバンサイクリング選手権と、2028年UCIグランフォンド世界選手権が同地で開催される

· 今回の発表は、アブダビスポーツ評議会とRCSスポーツが、中東で唯一のUCIワールドツアーレースであるUAEツアーの次回3大会開催において、最近、パートナーシップ契約の更新を受けたもの

· アブダビは今後、3,500人収容するトラックレース用のヴェロドローム(自転車競技場)と、市内の観光地を結ぶ109kmに及ぶ自転車専用道路「アブダビ・ループ」を建設する

アブダビ首長国は、この度、世界的な自転車競技の統括団体である国際自転車競技連合(以下、UCI)から、名誉ある「バイクシティ」の認証が授与されました。これは、中東・北アフリカ・アジア地域の都市で初めてのものとなります。

アブダビはこれにより、ノルウェーのベルゲン、デンマークのコペンハーゲン、スコットランドのグラスゴー、フランスのパリ、カナダのバンクーバー、イギリスのヨークシャーといった世界で定評のあるサイクリングスポットとして名を連ねることになります。

今回の発表は、世界中の人々が自転車を移動手段やレジャー、スポーツとして日常生活に取り入れ、よりアクティブで、健康的かつ持続可能なライフスタイルを促進させることを目的とする、UCIの「Cycling for All (すべての人のためのサイクリング)」戦略へのアブダビのコミットメントを明らかにするものです。

また、この「バイクシティ」の認証によって、アブダビ首長国がUCIの主要な自転車競技大会の理想的な開催地であるということが再確認されました。世界級の自転車競技のハブとなっているアル・フダイリヤット島で行われた特別式典で「バイクシティ」の認証が発表された後、アブダビが2022年、2024年のUCIアーバンサイクリング世界選手権と2028年のUCIグランフォンド世界選手権の開催地になったことが明らかになりました。

これはアブダビスポーツ評議会とRCSスポーツとのパートナーシップ契約が最近、更新されたことを受けたもので、UAEツアーの今後3回の開催は、世界を代表するプロサイクリストにとって重要な日となります。

UCIのデビッド・ラパルティエント社長は、以下のように述べています。「バイクシティの認証は、UCIの主要な自転車イベントを開催することだけでなく、プログラムやインフラを通して、自転車競技の発展のために投資する都市や地域を支援するものです。この度、アブダビがこのリストに入ったことを発表することができ、嬉しく思います。この地が中東・アジア初の自転車都市に指定されたことは、アブダビ首長国全体で自転車の普及と、サイクリングへの参加促進のために様々な取り組みがなされているということを示すものです。アブダビには、コミュニティ全体でサイクリングを推進し、誰もがこのスポーツに親しめるための明確なビジョン、そしてマスタープランと戦略があります」

また、アブダビスポーツ評議会事務総長のアレフ・ハマド・アル・アワニ閣下は次のように述べています。「この度、UCIのバイクシティの認証を得たことは、私たちが、スポーツやレジャー、そして移動手段としての自転車の普及をさらに促進するために、自転車用トラックやグループ、イベント、アクティビティといった既存のネットワークを拡大させ、首長国全体でサイクリングを奨励する取り組みを行っていることが認められたのです」

アブダビ政府は、これまでの名誉あるバイクシティの成功を元に、長期的な目標であったアブダビを世界的なサイクリングハブとして発展させ、スポーツやレジャー、交通手段として、サイクリングを日常の活動の中でさらに促進するためのプラットフォームとなる「バイク・アブダビ」を立ち上げました。

このバイク・アブダビの今後の取り組みには、同地にある既存の300kmに及ぶサイクリングネットワークを約1,000kmに延長させることが含まれています。その一環として、アブダビの主要都市を結ぶ109kmの分離型「アブダビ・ループ」が整備される予定です。また、アル・フダイリヤット島には、3,500人収容のトラックレース用アリーナ、ヴェロドローム・フダイリヤットが建設され、市の主なサイクリングハブとして強化されます。

アブダビ首長国では、すでにサイクリングクラブのエコシステムが確立されており、トップレベルの競技会や毎週行われるグループライド、そして娯楽のソーシャルライドまであらゆるレベルの人にサイクリングの機会を提供しています。フルタイムで活動するアブダビサイクリングクラブは、エリート級の大会やコミュニティイベントの企画・開催を行うアブダビスポーツ評議会の傘下で運営されています。

また、アブダビには、アル・フダイリヤット島にある総延長28kmの水辺のサイクリングコースや、砂漠のアル・ワトバにある総延長40kmのサイクリングコースなど、世界有数のサイクリング施設があり、あらゆるレベルのサイクリストに専用の施設を提供しています。また、アブダビのサイクリングコミュニティは、ヤス島にある世界的に有名なヤス・マリーナ・サーキットのF1トラックで、週2回、無料でトレーニングを行うことができるだけでなく、最近、拡張・改良された都市部のサイクリングネットワークを無制限に利用することもできます。

環境にやさしい交通手段としてサイクリングを推進するアブダビの計画は、2023年のCOP28開催に向けたアラブ首長国連邦の持続可能性への取り組みに沿っています。アブダビでのサイクリングに関する詳しい情報はhttps://www.mediaoffice.abudhabi/en/channel/bike-abu-dhabi/をご参照ください。

本リリースは、アブダビ首長国における政府関連団体、組織の広報窓口である「アブダビ政府メディア・オフィス(ADGMO)」が各団体、組織の許可を得て配信しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ