長野・白樺湖で開催する野外イベント「湖畔の時間 2021」全アーティスト発表 会場での遊び方・過ごし方もご紹介

株式会社池の平ホテル&リゾーツ

日時:2021年11月13日(土)・14日(日) 10:00~17:00 / 場所:白樺湖グランド(〒391-0301 長野県茅野市北山白樺湖3419-1)

長野県・白樺湖で11月13日(土)・14日(日)に開催する、湖畔の魅力を味わう野外イベント「湖畔の時間 2021」の出演アーティストを発表します。
公式サイト:https://shirakaba-lake.com/kohan-no-jikan-2021/


「湖畔の時間」は、湖のほとりで自然を体いっぱいに感じながら、思い思いの時間を過ごせる野外イベント。

鳥のさえずりや葉ずれの音に耳を傾け、風を肌で感じ、目の前にたたずむ湖。湖には、わたしたちを包み込んでくれるような心地よい魅力があります。そんな湖の魅力を多くの方に知ってほしいという思いから、開催に至りました。

追加で発表された出演アーティストは「YonYon」「Sarah Furukawa」「tiny yawn」の3組。今話題のグループからアップカミングなシンガーまで、計8組のアーティストが揃いました。湖で過ごす時間をより充実させてくれること間違いなしです。

当日は、地域の木材を使ったクラフト教室や、白樺編み体験、手づくり着火剤など、自然を使って楽しめるワークショップが多数出店します。さらに、早起きした方だけが楽しめる地域の食材を使った朝ごはんも。会場オープン前の7時から10時の間限定で「池の平LAKESIDE FIREBASE」にて、野沢菜・きのこ炊き込みごはんのおにぎりと、信州味噌仕立ての豚汁をご提供します。

この「湖畔の時間 2021」をきっかけに、一人でも多くの方に湖の心地よさを感じていただけたら幸いです。詳しくは、公式サイトをご確認ください。

追加出演ARTIST

YonYon


ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、ラジオパーソナリティとしてマルチに活動するクリエイター。歌うDJとして幅広い世代に親しまれ、どこか聴きやすくかつ踊れる、エッジの利いたサウンドで多彩なBPMを縦横無尽にプレイする。ソングライティングも精力的に行い、ジャンル・言語の垣根を越えて直感的に組み立てていくそのリリックは、ポップで中毒性のあるグルーヴと裏腹なリアルでメッセージ性の強い言葉が世界中のリスナーを虜にする。

KIRINJI、黒田卓也、Yaeji、Joe Hertzなど、様々なシーンのアーティストへの客演参加を積み重ね、2021年3月24日に自身初となる1st EP『The Light, The Water』をリリース。
また、日韓のプロデューサーとシンガーを楽曲制作という形で繋ぐ〈The Link〉プロジェクトを経て、自身主宰の音楽レーベル〈Peace Tree〉を2021年に立ち上げた。彼女は日本とアジア、ベッドルームとパーティーフロア、アンダーグラウンドとメインストリームと様々なシーンの架け橋(BRIDGE)となり、全国各地を飛び回りながらも音楽を通じて愛と平和の木を育み続けている。

Sarah Furukawa

東京都目黒区出身のシンガーソングライター。幼少期をNY東海岸で過ごし、ミュージシャンの父の影響で10代より音楽活動を開始。2017年ビーチカルチャー雑誌「HONEY」のアーティストオーディションにて初代ウィナーとなり、同誌が監督する「HONEY meets ISLAND CAFE Best Surf Trip 3」で新録音「Sunday Morning」のアコースティックカバーで参加、その後VRアニメ「狼と香辛料VR」にヨルシカのn-bunaとの共作書き下ろし曲「Silence/n-buna ft.Sarah Furukawa」が発表され、Youtubeで公開されているミュージックビデオは現在108万回再生を記録。その後も、象眠舎の小西遼やOLD NICK aka DJ HASEBEとの共作を発表するなど、作詞家やヴォーカリストとしてもマルチに活躍中。

tiny yawn

同じ大学サークルに所属していたMegumi Takahashi(vo.key),Yuki Sugama(gt), Kohei Takashima(dr)の3名に別バンドで活動していたKoji Yasuda(ba)を加え、2017年に活動開始。 シンプルな中に90s,emo、ポストロックやネオソウルのエッセンスが加わった楽曲が注目され、2019年にはRO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019入賞、さらに同年りんご音楽祭へ出場。2020年, 2021年と2年連続のJAPAN JAMへの出場も決定し、注目を集めている。
official web site : http://tiny-yawn.work
Twitter:@TinyYawn
Instagram:@tinyyawn

出演アーティストラインナップ
11月13日(土)出演:Caravan / THE CHARM PARK / tiny yawn / DJ:YonYon
11月14日(日)出演:Kan Sano / chilldspot / Sarah Furukawa / DJ:Eita Godo

「湖畔の時間 2021」の過ごし方
音楽のほかにも、「湖畔の時間」ではさまざまな過ごし方の選択肢をご用意しています。自分に合った「湖畔の時間」を、ぜひ見つけてみてください。

1.全身で遊べるアクティビティ

カヌーやサウナなど、湖とともに遊べるアクティビティ。
標高1,400mの白樺湖で、澄んだ空気を感じながら自然と一体になる感覚は特別なもの。寒さすら味方につけて、身体を使って遊びましょう。

※サウナは当日現地での先着予約順。ご希望の方はお早めにご来場ください。

2.自然を味わう食やワークショップ

フードやワークショップなどの出店コンテンツは、自然を肌で触れたり味わったりできるものばかり。オフィシャルバーでは、信州味噌を使った豚汁や地域で採れたりんごの販売も。

ワークショップ:マクラメ編み / 地域の木材でつくるクラフト箸 / 手づくり着火剤 / 白樺樹皮のコースターづくり / ポップコーンづくり 等

3.風景を楽しむ湖畔さんぽ


白樺湖には、湖周4kmを囲った散歩道「白樺湖ぐるりん」が設置されています。e-bikeをレンタルして一周回ってみるもよし、のんびり歩いてみるもよし。
早起きした方だけが出会える、朝ごはんエリアもございます。会場外にも地域の屋台が出店しているので、ちょっと足を伸ばして覗いてみてください。
朝ごはん:おにぎり2個(野沢菜・きのこの炊き込みごはん)+信州味噌の豚汁
7:00~10:00 池の平LAKESIDE FIREBASEにて

4.何もしない贅沢な時間

「湖畔の時間」でいちばん贅沢なのは、「何もしない」時間。会場内にはソファや椅子、ラグなどが点々と配置されています。シーシャや本を片手に、音楽を聴きながら、焚き火を囲みながら、友人や家族と一緒に、もちろんひとりでも、心温まる穏やかな時間を過ごしていただければ幸いです。

Sponsor
また、今回イベントの主旨に賛同いただいたブランドよりご協賛もいただいており、商品提供などのサポートをいただいております。

アウトドアギアブランドのWYLD GEAR。当日、ブランドブースを出展し、サステナブルなステンレス製のドリンクウェアの販売やBeer Pongゲームの実施などを行います。そのほか、会場内設置のクーラーボックスレンタルなどをご提供いただいております。

ヘアサロンシェアNo. 1ブランドを持つ小型家電メーカーのTESCOM。昨年に引き続き、サウナ更衣室でのドライヤーのレンタル提供をしていただいております。

長野県に蔵元を持つ銘酒「真澄」。国産米の米糀100%でつくったあま酒「真澄 糀あま酒」を商品提供いただいており、当日オフィシャルバーにて提供予定です。

湖畔の時間 2021 開催概要
イベント名: 湖畔の時間 2021
会 場 : 白樺湖グランド(〒391-0301 長野県茅野市北山白樺湖3419-1)
日 程 : 2021年 11月13日(土) 10:00~17:00 / 11日14日(日) 10:00~17:00
共 催 :白樺湖まちづくり協議会 /信州たてしな観光協会 / 池の平ホテル&リゾーツ
企 画・制 作:湖畔の時間 2021 実行委員会
入場チケット:公式価格 4,800円(税込)
      ※小学生以下無料 ※チケットは下記公式サイトからご購入ください。
公式サイト:https://shirakaba-lake.com/kohan-no-jikan-2021/

「湖畔の時間」実施背景
白樺湖を構成する茅野市・立科町は、観光庁の令和3年度「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業(自治体・DMO型)」に採択されている地域です。今回の「湖畔の時間」は、観光拠点である白樺湖周辺を”レイクリゾート”としてリブランディングしていくための情報発信、および湖畔利活用の実証実験の場も兼ねています。本イベントの実施で、白樺湖エリアや湖の価値の認知向上、また、湖畔での楽しみ方を白樺湖エリアの地域づくりに活かしていきたいと考えています。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ