「好きなキャラと旅をするため、他のキャラはひん死状態に」?!11/11(木)&11/18(木)のゲストは…第41代日本スーパーライト級王者の元プロボクサー・井上浩樹さん

株式会社TBSラジオ


 PlayStation(R)初の公式ラジオ番組として毎週木曜日21:00よりTBSラジオで放送中の“プレイステーション(R) presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』”は、ゲーム好きで知られる人気ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパーである宇多丸と、ゲームを愛する著名人が「人生におけるゲームの影響」や、「あのゲームとの思い出」、「今オススメのゲーム」など、ゲームについて楽しく語り合うトーク番組です。
 11月11日(木)と11月18日(木)のゲストは、第41代・日本スーパーライト級王者の元プロボクサー、井上浩樹さん。3階級世界チャンプの井上尚弥選手、元世界チャンプの井上拓真選手の従兄弟という、華々しいスペックの持ち主ながら、御本人によれば、ボクシングよりオタク活動のほうがキャリアが長いんだとか。いったいどんなゲームがお好きなんでしょうか?
 ということで11月11日(木)の1週目に伺ったのは、井上浩樹さんのゲームとの出会いや遊び方について。小学校2年生の時に兄がプレイしていた『テイルズ オブ デスティニー』で衝撃を受け、特にヒロインのルーティ・カトレットに一目ボレ。4人パーティでの戦闘時には他の2人の仲間をひん死状態にし、主人公スタンとルーティのふたりでの戦いを楽しんでいたとか……。
 そして11月18日(木)の2週目は、現在のゲームライフについて。今は『エーペックスレジェンズ』にハマっているとのことで、ボクサー時代に培った「俯瞰視点でリングを見る」能力が役立っているそう。他にも、「トレーニングをしたあとのほうが指がよく動く」「減量中は免疫力が下がっているため家でゲームしているほうがいい」「ゲームセンターのパンチングマシンでいい数字が出るボクサーとそうでもないボクサーがいる」など、元日本チャンピオンならではのゲーム話に宇多丸も感心しきりでした。

クラウド型ラジオサービス「ラジオクラウド」およびIPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」を使えば、PCやスマートフォンから無料で本番組を聴くことができます。


プレイステーション(R) presents
『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』
毎週木曜日 21:00~21:30にて放送
番組公式サイト:https://www.tbsradio.jp/mygame
番組ハッシュタグ:#game954
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ