【マクアケで2000本の販売実績】木目美しいキャンプナイフ「L’ALPAGE<ラルパージュ>」が販売店と掲載メディアを募集

BrandNewSchool合同会社

1859年創業フランス老舗メーカー発、美しく、機能的な折り畳みナイフ

Brand New School合同会社(代表:竹氏圭、本社:東京都目黒区南3-12-20)は、フランス製折りたたみキャンプナイフ「L’ALPAGE」の正規輸入販売店として、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にてプロジェクトを実施しました。

応援購入数は1386オーダー(約2000本)、総額は626万円を超え、多くの方に支持いただきました。

同社は「L’ALPAGE」の日本国内における正規輸入販売店として独占販売契約をメーカーと締結し、今後日本におけるマーケティングおよび販売を行なって参ります。

合わせて、アウトドア商品のお取り扱いがある販売店様や媒体掲載いただけるメディア様を募集しております。

【 L’ALPAGE(ラルパージュ)】は、160年の歴史を誇るフランスのカトラリーメーカーが手掛けるアウトドアナイフ。

1859年の創業依頼、一貫して職人の手仕事による工程を大切にしてきたAndré Verdier社による、クラフトマンシップ溢れる製品です。

【製品の特徴】

■木目美しい8種類のウッドハンドル

天然無垢の木から削り出したハンドルを使用しています。国内取り扱いが決まっているのは、次の8種類。

・オリーブ(および、オリーブ紐付き)
・ブナ
・オーク
・サペリ
・パドウク
・ウォルナット
・黒檀
・キッズモデル(ブナに刻印)

■切れ味鋭く、研ぎやすいステンレスブレード

ブレードの素材に耐食性と堅牢性を兼ね備えたマルテンサイト系ステンレス鋼X46Cr13(JIS規格のSUS420J2に相当)を使用しています。

ステンレスの中でも錆に強く、過酷な環境下で使うアウトドア用途に向いています。

箱出しのままでも使っていただけますが、市販のシャープナーなどで軽く研いでからお使いいただくことを推奨しています。

■1859年創業の伝統、100%フランス国産のこだわり

André Verdier社はヨーロッパを代表する刃物の町として知られるフランス中部ティエールの地で6代にも渡り刃物を作り続けており、現在も作業工程の6~7割は職人によるハンドメイド。

日本でいえば文化財保護法の伝統的工芸品に相当するフランス政府公認の「EPVマーク」を取得済みです

また、「フランス製であること」にもこだわり、フランス国内で入手できない一部の原材料を除いて部品のほぼすべてが同社の半径40km以内の工房で生産・加工されています。

■サスティナブルな社会づくりを意識した生産

シンプルな製品設計と資材調達における輸送を極力減らすことで、伝統を守りつつも、環境問題に敏感な欧州企業らしい取り組みを全社をあげて行っています。

■フランスで特許取得ロック機構で安心安全

フランス国内で特許を取得したロックフェレール機構で刃をしっかり固定します。
ブレードの展開後に、ブレードとハンドルの節目にあるフェレール(鎺【ハバキ】)と呼ばれる金具をくるっと回転させるとブレードが畳めなくなります。

■製品仕様

商品名:L’ALPAGE<ラルパージュ>
刃渡り:8.5cm
刃厚 :2.4mm
全長 :約19.5cm/折り畳み時 約11cm
重量 :約40-50g(木材によって異なる)
ブレード:ステンレスX46Cr13
仕上げ:ウォルナットと黒檀以外はニス仕上げ

※キッズモデルは、刃渡り7.5cm、刃厚2mm、全長17.5cm(折り畳み時10cm)、重量40g、素材はブナ。

【製品詳細ページ】
https://jacaranda.today/pages/lalpage

【Makuake実施ページ】
https://www.makuake.com/project/lalpage/

【商品取り扱いに関するお問い合わせ】
Brand New School 合同会社(ブランニュースクール)
担当 :竹氏
メール:uji@brandnewschool.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ