NFTプラットフォームSweet がTezos を追加

TZ APAC Pte Ltd

●Sweet、新たにエネルギー効率に優れたプルーフ・オブ・ステークネットワークのTezosを統合。
●マクラーレン・レーシング、2021年10月24日(日)にテキサス州オースティンで開催されるUSグランプリから、Tezosを利用したSweet上でのNFTファン・エクスペリエンスを公開。

本日、大手エンタープライズNFTソリューションプロバイダーであるSweetは、エネルギー効率の高いプルーフ・オブ・ステークブロックチェーンネットワークの大手TezosをSweet NFTプラットフォームに統合したことを発表しました。Sweet NFTプラットフォームにおけるTezosコレクションの第一弾では、広範かつ高度にゲーム化されたMcLaren Racing Collective NFTファン・エクスペリエンスが公開されます。マクラーレン・レーシングのファンは、ユニークなマクラーレンF1カーのパーツを集めて、自分だけのNFTマクラーレンF1カーをSweet上で、Tezosを利用して作ることができます。

Sweetは、ブランドがデジタルコレクターズアイテムを提供するエキサイティングなメソッドを作り出しています。Tezosのサポートを追加することにより、エネルギー効率の高いスケーラブルなブロックチェーンネットワークを追加し、活気に満ちたTezos NFTコミュニティを直感的でユーザーフレンドリーなSweet NFT マーケットプレイスとウォレットに迎え入れることで、主要なNFTマーケットプレイスに新たな成長の波をもたらします。この統合により、仮想通貨に詳しくないマクラーレン・レーシングのファンでも、SweetでTezos NFTを収集、作成、販売することができるようになります。無料のマクラーレン・レーシングNFTを予約し、このエクスペリエンスに参加するには、10月24日までにMcLarenRacingCollective.comにアクセスしてください。

SweetのCEOのTom Mizzone氏は、次のように述べています。

「マクラーレン・レーシングは、デジタルコレクターズアイテムの分野に革命を起こし、ファンにMCL35Mのカーパーツを真の3D NFTとして、回転させたり、あらゆる角度から見ることができる、これまでにない体験を提供します。さらに、マクラーレン・レーシングは、ファンが3Dカーパーツをすべて集めて、インタラクティブな3D MCL35M F1カーを解除し、ユニークなファンエクスペリエンスにアクセスすることにより、体験全体をゲーム化しました。

環境に優しく、NFTの広範なユースケースや応用に対応していることから、McLaren Racing CollectiveをすべてTezos上で構築しました。 Tezosのおかげで、シームレスでユーザーフレンドリーなデジタル収集体験を優先して維持することができます。多くのIPホルダーや市場で、TezosのNFTへの移行が大きく進むことが予想されます。」

SweetのTezos NFTコレクションの第一弾は、マクラーレン・レーシングの没入型でゲーム化されたNFT体験です。マクラーレンF1のファンは、マクラーレンF1の車の主要パーツを集めて、自分の車を作ることができます。それぞれのパーツには希少性があり、22台のNFTカーを完成させるために必要なパーツが用意されています。収集可能なパーツの第一弾(左ウイングミラー、右ウイングミラー、FRホイール、FLホイール)は、2021年10月24日(日)にテキサス州オースティンで開催されるUSグランプリの際にSweetで公開されます。

クリーンなNFTとエネルギー効率の高いネットワークを採用することで、クリエイティブな表現を共有するこの新しいメディアのインパクトが、極端に高いエネルギー消費量によって相殺されないようにします。従来のプルーフ・オブ・ワークブロックチェーンとは異なり、Tezosの先駆的なプルーフ・オブ・ステークメカニズムは、競合するプルーフ・オブ・ワークネットワークの200万分の1のエネルギーを使用してネットワークを保護する、エネルギー効率の高いアプローチです。これにより、Tezosはエネルギー消費と二酸化炭素排出量を最小限に抑えたクリーンな運用が可能となります。

今回の第一弾の発売により、マクラーレンは、ナショナル・ホッケー・リーグ、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション、バーガーキング、エスティ・ローダー・カンパニーズ、デイブ・アンド・バスターズ、ケブ・モ、リル・パンプ、ペンタトニックスなどの、Sweetのパートナーの一員となります。

###

Sweetについて

ニューヨークを拠点とするSweetは、スケーラビリティに優れ、消費者に優しく、環境に配慮した非代替性トークン(NFT)プラットフォームを提供しており、世界中のトップブランドやエンターテイメントブランドに利用されています。Sweetは、消費者第一主義の新しい、没入型のNFT体験を開拓し、顧客が現地の会場、モバイル、そして自宅で、高度にゲーム化されたユーザーフレンドリーなNFT体験を提供し、収益と消費者エンゲージメントの両方を促進することを可能にしています。詳細については、Sweet.ioをご覧ください。

Tezos について

Tezosは、デジタルでつながった世界で価値を持ち、交換することの意味を再定義するスマートマネーです。実績のある自己アップグレード可能でエネルギー効率の高いブロックチェーンであるTezosは、現在のネットワークを混乱させることなく、将来のイノベーションを実装できます。詳細については、tezos.comをご覧ください。

マクラーレン・レーシングについて

マクラーレン・レーシングは、1963年にニュージーランドのレーシングドライバーBruce McLarenによって設立されました。1966年に初めてF1レースに参戦して以来、マクラーレンはF1世界選手権で20回、F1グランプリで180回以上、インディアナポリス500で3回、そして初めて挑戦したル・マン24時間レースで優勝しました。 マクラーレン・レーシングは現在、世界ではF1、米国ではINDYCARに参戦しています。

2021年のFIA F1世界選手権にはLando NorrisとDaniel Ricciardoで、2021年のINDYCARシリーズにはアロー・マクラーレンSPドライバーのPato O’Ward とFelix Rosenqvistで参戦しています。2022年、マクラーレン・レーシングは、電動SUVで争う新オフロード選手権「エクストリームE」にチームを投入し、モータースポーツの新しいカテゴリーに参入します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ