【業界注目】”学生の、学生による、学生のための”eスポーツプロジェクト「SeS」誕生!学生リーグが始動します

株式会社CS entertainment

学生が主体となり、企業や地域団体、行政、プロチームなどとともに、eスポーツが広く社会に浸透し、新たな日本文化の礎となることを目指すプロジェクトです。

eスポーツを通じ、学生たちが学校では体験できない貴重な学びを得る機会を広げるとともに、学生eスポーツの一大コミュニティー形成を目指して、新プロジェクト「SeS(Student e sports)」が誕生。学生が軸となってeスポーツ界をけん引し、コミュニケーションやアウトプットの高いスキルを得た彼らが、やがて社会で積極的に活躍できる土壌を作り、
eスポーツ文化の醸成を図るプロジェクトです。既に数多くの企業や各種団体が当プロジェクトに参画しております。

「SeS」設立の経緯

「SeS(Student e sports)」は、eスポーツ大会や関連イベントなどを通じ、広く学生たちがeスポーツに触れる機会を作ることを目的に立ち上げた学生が主体のプロジェクトです。現在eスポーツ業界における様々な事業は、企業による運営や企画がほとんどです。自分たちが楽しむeスポーツなのに、自分たち学生はオトナが用意したステージにただ参加するだけの受け身で良いのか。自分たちの力を結集し、もっとeスポーツ全体を盛り上げたい。さらにはeスポーツの価値を自分たちが、企業や社会に発信することで、日本の経済浮揚や地域振興、教育、雇用などに繋げ、eスポーツ文化の社会的信頼を高めていく目的でSeSを設立しました。

国内4つの学生eスポーツ団体が集結!国内最大規模のeスポーツ大会 「学生リーグ」の実現へ

SeSプロジェクトの立ち上げを機に、日本を代表する4つの学生eスポーツ団体「日本学生esports協会/Gameic」
「一般社団法人学生e-sports連盟」「中部学生e-sports協会」「日本eスポーツ学生連盟」が一丸となり、史上初"学生の、学生による、学生のための"eスポーツ大会「学生リーグ」の開催を計画中です。既に登録学生数は2万人以上。「SeS」誕生により、さらに参加希望者数は増え続けております。国内最大規模の学生eスポーツ大会を開き、名実ともに日本一強い大学生を決定。彼らのポテンシャルを日本の未来に繋げていきます。

※大会開催概要は近日発表予定

熱い!全国の学生eスポーツ団体が思いを一つに


◎日本学生esports協会/Gameic
【所属人数】17,000人
【参加大学】
東京大学、大阪大学、名古屋大学、東京大学、大阪大学、名古屋大学、横浜国立大学、
千葉大学、筑波大学、関西学院大学、関西大学、駒澤大学、新潟大学、大阪府立大学、松山大学など60校 約500団体

代表理事 前川 友吾(関西学院大学 経済学部)
日本は、ゲーム先進国でありながら、eスポーツにおいては後進国です。その遅れを取り戻すには、日本eスポーツ市場が一丸となり、常に世界市場を見据えながら邁進していく必要がございます。その中でこの度、4つの学生eスポーツ組織が一堂に会しSeSを発足できることを、心より嬉しく思います。先日のLoL WorldsにおいてのDetonatioNへの声援のように、日本が1つの方向に向かえるようなイベントにすべく、尽力して参ります。

◎一般社団法人 学生e-sports連盟


【所属人数】370人
【参加大学】
京都大学、立命館大学、同志社大学、早稲田大学、慶應義塾大学 など55校

理事 小澤 行央(立命館大学 理工学部)
一般社団法人学生e-sports連盟は「当事者意識「心」と行動「技」が一体となった若者で溢れる社会を目指し、日本の産業の発展に寄与する」という理念のもと2019年に設立しました。主にesportsの大学対抗戦を開催し、大学esportsの文化創りに取り組んでいます。これまでの経験を活かし、SeSでより多くの学生がesportsに熱狂できる環境を作りたいと思います。よろしくお願いします。


◎中部学生e-sports協会
【所属人数】100人
【参加大学】
星城大学、名古屋市立大学、中京大学、大同大学、名城大学、名古屋デザイン&テクノロジー専門学校、市邨学園、edges、など約8校 100名

代表 下山浩希(星城大学 経営学部)
学生団体である中部学生eスポーツ協会は、中部地域のeスポーツ文化の醸成や、企業と学生による新たなコミュニケーションの構築により地域の活性化を目的とした中部地域在学の学生(もしくは23歳以下)を中心として2021年に設立しました。現在は中部地方の大学生、高校生とともにe-Sportsの大会、イベントを開催し、年齢や学校の垣根を超えたコミュニティを形成することを目的として取り組んでおります。SeSに入り、他の団体の皆様方と協力しもっとe-Sportsが世に浸透し、学生が学生のうちに活躍できる舞台を整えていきたいと考えております。


◎日本eスポーツ学生連盟

【所属人数】300人
【参加大学】
東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、東京工業大学、青山学院大学、駒澤大学、
北海道大学、名古屋大学、関西学院大学、九州大学 など約50校

SeS実行委員会 参画団体・企業からのメッセージ

私ども学生の志に賛同し、SeS実行委員会として、SeSプロジェクトをサポートして頂ける企業や団体、行政が広く集まり出しています。「"学生の、学生による、学生のための"eスポーツ」="学生の夢"をバックアップして頂きます。


◎京都eスポーツ協会会長 堀川 宣和 (星城大学講師)
eスポーツは単なる娯楽ではありません。地域活性化、教育という面で非常に相性が良いのです。近年、そのことに関する動きも地方や教育機関で活動が活発化してき始めました。子供が安心してeスポーツができる環境を作ることができれば、さらに地域活性化と教育を促進することができます。本プロジェクトであるSeS(学生eスポーツ)は学生たちが率先して、「学生リーグ」を実施することで、学生たちが社会性を学び、将来社会に大きく役立つ人財になると同時に、地域活性化の原動力になれるような環境を作り、その活動を全力でサポートします。多くの方がこの活動に賛同していただけることを心より望んでいます。


◎株式会社CS entertainment 代表 中村浩之 (日本学生esports協会/Gameic 理事)
日本のeスポーツは、世界を魅了するエンターテイメントとして、産業として、未来に向けて発展させていくべきものと考えております。現在日本のeスポーツの真ん中には特徴的で、斬新で、優秀な若者が存在しており、そんな彼らに続く学生たちが自ら作り出すこの「学生リーグ」が日本のeスポーツの裾野を広げ、学生たちが得た経験がeスポーツのみならず、日本の未来を支える様々な産業の礎となる事が「SeS」の存在意義です。これからの活動にどうぞご注目ください。
(企業HP:https://cs-entertainment.com )

※このほか、数多くの企業・団体の皆様にご協力いただいております。

SeS(学生eスポーツ)実行委員会 概要

発足日:2021年11月11日
実行委員会所在地:福岡県那珂川市今光6ー23 CS entertainment内
HP URL:https://student-esports.com
問い合わせ先:info@student-esports.com

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
SeS 広報担当:岩本凌
メールアドレス:info@student-esports.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ