【主演 片岡礼子×脚本・監督 安田真奈】たった7つの台詞から見える、それぞれの親子のカタチ…実験的短編映画「あした、授業参観いくから。」

株式会社パラサング

「あした、授業参観いくから。」「えっ…」七つの台詞が五つの家庭で繰り返される

全く同じ会話なのに、全く異なる親子模様。実験的、かつ感動的な短編映画が公開!

2021年12月14日よりシアターセブンにて限定劇場公開!
2022年1月より全国随時公開 上映&ワークショップも開催。


「全く同じ台詞でも、キャラクターや状況によって演技は変わる。脚本ならト書きが変わる。」
本作は、監督の安田真奈がワークショップで活用している教材から組み立てられた短編映画だ。
「あした、授業参観いくから。」「えっ…」七つの台詞が五人の生徒の家で繰り返されるという、実験的な脚本。しかしそこには、思春期におけるさまざまな親子のカタチが映し出されている。
悲喜こもごもの家族模様を覗き見た後には、すべての親子の幸せを願わずにいられなくなる…。
そんな、繊細かつ普遍的な感動のドラマである。

あらすじ

坂口則子は、中学英語教師の職に生きがいを感じている。出勤は、常に早朝。断れない性格で残業も多い。独り身の心細さもあるが、堅実に暮らしている。


担任のクラスには様々な生徒がいる。両親が共働きで、優等生の光。母を亡くしたが、明るい性格の亜輝菜。父が医師で母は専業主婦、裕福な一馬。母がだらしないので家事を担うゆかり。荒っぽい性格の父におびえる涼太…。

明日は授業参観。それぞれの家庭で展開する全く同じ会話、しかし全く異なる親子模様…。

メインキャストの中学生五人をつとめたのは、オーディションで選ばれた関西の新人俳優たち。大人キャストは、実力派の和泉敬子、前田晃男をはじめとする、関西に馴染みのある俳優たち。

主演 片岡礼子 ×脚本・監督 安田真奈 今作誕生エピソード

「ハッシュ!」で第75回キネマ旬報ベストテンおよび第45回ブルーリボン賞の主演女優賞を受賞するなど、数々の映画・ドラマで高く評価されている実力派女優・片岡礼子。彼女が、小芝風花主演映画「TUNAガール」がおもしろかった、とTwitterに書きこんだことから、かねてより片岡ファンだった監督が熱烈アプローチ。本作への出演が実現した。

脚本・監督の安田真奈は、上野樹里×沢田研二の電器屋親子映画「幸福(しあわせ)のスイッチ」をはじめ、オリジナル脚本による等身大のヒューマンドラマが得意分野。本作では中学英語教師と生徒たちの家族模様を描いたが、片岡礼子の圧倒的リアリティと情感溢れる演技により、厳しくもあたたかな感動作となった。

主演 片岡礼子さんよりコメント


安田監督の困難や問題と逃げずに向き合う作品の数々に、胸を打たれることが多々ありました。その事が、私の日々の生活の中で共鳴し、勇気の種に変わりました。本作品も、誰かの胸に届きそして勇気の種になれることを願っています。

【片岡礼子 プロフィール】
1993年『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。
2001年公開の『ハッシュ!』で第45回ブルーリボン賞の主演女優賞受賞。力強い演技を売りに個性派女優として映画を中心に活動。現在は3児の母でもあり、母親として包容力のある一面や大病を乗り越えた経験から、弱者の繊細な心の動きも表現出来る役者として活動の場を広げている。
近年の主な出演映画「空白」「楽園」「リング・ワンダリング」他多数

安田真奈【脚本・監督】よりコメント


「家族のありかた、親子のありかた」。このテーマには、自らの子育て経験や、10年間続けている児童虐待テーマ講演(NHKドラマ「やさしい花」上映に付随)を通じて、深い関心を持っております。笑顔で優しい。想いが通じない。愛はあるけど厳しい…。さまざまな親子のカタチが、教師役・片岡礼子さんのリアリティあふれる演技によってふわりと束ねられました。「同じ会話でも設定によってシーンは変わる」という映画ならではの味わいも楽しみつつ、ご覧ください。

【安田真奈 プロフィール】
映画監督・脚本家。シナリオ作家協会所属。メーカー勤務約10年の後、2006年、上野樹里×沢田研二の電器屋親子映画「幸福(しあわせ)のスイッチ」監督・脚本で劇場デビュー。同作品で第16回日本映画批評家大賞特別女性監督賞、第2回おおさかシネマフェスティバル脚本賞を受賞。同年末に出産後は脚本業中心となったが、2017年より監督業復帰。堀田真由主演映画「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」、小芝風花主演の近大マグロの青春映画「TUNAガール」の監督・脚本をつとめた。 
安田真奈 公式サイト https://yasudamana.com/jp/

劇場公開のほか、トークショーや演技・脚本ワークショップとともに上映

脚本・監督をつとめた安田真奈は、大学や市民講座で、長年「演技ワークショップ」や「脚本ワークショップ」をしている。
本作は、その中で活用しているオリジナル教材「授業参観にまつわる親子の会話」をベースにしている。

「全く同じ台詞でも、キャラクター設定や状況によって、演技は変わる。脚本ならト書きが変わる。」

そんな映画ならではの奥深さがよくわかる教材なので、初心者にも取り組みやすいと好評だ。よって本作は今後、劇場・映画祭での上映のほか、演技や脚本のワークショップ、トークショーとともに上映予定である。(上映貸出、ワークショップ等、柔軟に対応可能につき、お気軽にお問合せください)

上映情報

12/14(火)よりシアターセブンにて限定公開!

【上映日程】
12/14(火)、15(水)、17(金) 

【会場】
シアターセブン BOX1

上映後には、裏話満載の“日替わりトーク”!

3日間、日替わりで、ゲストと監督のトークを実施します。

主演・片岡礼子さんのビデオメッセージもあわせて上映します。

19:40~21:00 上映&トーク

・12/14(火) 「映画トーク」 ゲスト 映画ライター 江口由美さん

・12/15(水) 「撮影裏話トーク」 ゲスト カメラマン 武村敏弘さん

・12/17(金) 「子役&演技トーク」 ゲスト 父親役 前田晃男さん、テアトルアカデミー講師 石田アキラさん

演技・脚本ワークショップも同時開催!

同会場にて、安田真奈監督による「演技・脚本ワークショップ」も開催します。

17:45~19:15 演技・脚本ワークショップ

※3日間、同じ内容です。
※ワークショップのみの参加はできません。

初心者歓迎のやさしい内容です。どうぞお気軽にご参加ください。

上映料金やワークショップ詳細はシアターセブンサイトにて
https://www.theater-seven.com/

短編映画「あした、授業参観いくから。」作品詳細は下記サイトにて
http://www.parasang.co.jp/works/index.html#movie

【出演】
片岡 礼子
和泉 敬子 前田 晃男
上本 康義 島田 愛梨珠 楠 葉子 塚原 健司 坪内 花菜 河崎 公一 下松谷 嘉音 森 琴樺 内藤 大帆 佐野 亮華 成瀬 千尋 長三 伊乃 歳内 王太 荒木 隆一 ほか

【スタッフ】
脚本・監督:安田 真奈 プロデューサー:山本 祥生 撮影:武村 敏弘 j.s.c  照明:古川 昌輝 音楽:原 夕輝 録音:小出 佳史 助監督:柳 裕章 メイク・スタイリスト:谷山 伸子 美術:山中 昭子 宣伝・予告編編集・WEBサイト:三島 彩香 編集:藤沢 和貴 ミキサー:岩田 修一 制作:船津 春菜 製作:株式会社パラサング


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ