スペシャルゲストにプロ野球引退直後の斎藤佑樹さんの参加が決定!トップアスリートから未来の子供達へ 「ケガとの向き合い方」

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

 ~ 「アスティーダフェスティバル」 12/20(月))、21(火)沖縄アリーナにて開催 ~

2021年12月20日(月))、21(火)に沖縄アリーナで初めて開催される琉球アスティーダの祭典「アスティーダフェスティバル2021-2022」。“スポーツ!音楽!食!最高のエンターテインメントを!”のテーマのもと、withコロナ時代のコロナ復興イベントと位置づけられている本イベントに、スペシャルゲストとして先月プロ野球引退を発表したばかりの斎藤佑樹さんが参加することが決定いたしました。スペシャルステージとして、スポーツ整形外科医・岩本航先生と琉球アスティーダ代表の早川周作を交え、未来の子供達へ向けた「スポーツにおけるケガとの向き合い方」の対談ステージを予定しております。

<斎藤佑樹さん プロフィール>

1988年6月6日生まれ。群馬県太田市出身。早稲田実業学校高等部3年時の2006年、エースとして夏の甲子園に出場し全国制覇。「ハンカチ王子」として大フィーバーを巻き起こした。早稲田大学入学後も輝かしい成績を残し、数々の栄冠を獲得。アマチュア球界No.1右腕として2010年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。ルーキーイヤーから6勝をマークし、プロ2年目の2012年には開幕投手も務めた。2017年からは背番号をアマチュア時代に慣れ親しんだ「1」に変更。しかし度重なるケガに悩まされ登板数も伸びず、2021年10月に引退を発表。今後の新たな活躍が期待される。

■トップアスリートから未来の子供達へ 斎藤佑樹さんスペシャル対談を開催!

現役時代に度重なるケガに悩まされながらも向き合った11年間のプロ野球人生。苦しいことを乗り越えながら挑戦し続けられた原動力は何だったのか?選手生活を続けるためにスポーツドクターとどのように身体と心のケアを行ってきたのか?未来の子供達へ語る「選手×スポーツドクター×スポーツ経営者」のスポーツにおけるケガとの向き合い方をテーマとした貴重なトークをぜひお楽しみください。

<開催概要>
■タイトル:トップアスリートから未来の子供達へ ~ケガとの向き合い方を語る~
■日時:12月20日(月)17:30~18:20
■場所:沖縄アリーナ 4F(沖縄県沖縄市山内1-16-1)
■登壇者:元プロ野球選手 斎藤佑樹さん
スポーツ整形外科医 岩本航 先生
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社 代表取締役 早川周作

■「アスティーダフェスティバル2021-2022」概要
2021年12月20日(月)、21日(火)に沖縄アリーナで初めて開催される来場者数1日1万人を目指す琉球アスティーダの大規模祭典。“スポーツ!音楽!食!最高のエンターテインメントを!”のテーマのもと、withコロナ時代のコロナ復興イベントとして心にエナジー、日常に元気を届け、明日を照らす機会を創造。

詳しくはこちら⇒ https://ryukyuasteeda.jp/fes/

■琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社
代表者:代表取締役 早川周作
所在地:沖縄県中頭郡中城村南上原 1112-1 オーシャンビュー松山IIB1 階
資本金及び資本準備金の合計額:1 億9,900万円
設立:2018 年 2 月 23 日
証券コード:7364
事業内容:プロ卓球リーグ「Tリーグ」に参戦するプロチームの運営、スポーツバル、
卓球教室、卓球物販 EC サイト運営等、総合型地域スポーツクラブとして
『沖縄×スポーツ×○○』を テーマに様々な企業のマーケティングを支援。
企業サイト:https://ryukyuasteeda.jp/


※アスティーダフェスポスターイメージ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ