2022シーズン 松本山雅FCとのスポンサー継続で合意

セイコーエプソン(株)

セイコーエプソン株式会社(以下 エプソン)は、Jリーグに所属する松本山雅FCとの2022シーズンにおけるオフィシャルスポンサーシップ契約を行うことで合意しました。


松本山雅FCとのスポンサーシップ契約は、2005年(北信越フットボールリーグ2部)より毎年更新しており、エプソングループの知名度やブランド価値の向上をはじめ、エプソンの開発拠点が多く立地している長野県中南信地域の活性化に寄与してきました。2021シーズンからは、トップチームに加えて、ブラインドサッカークラブの松本山雅B.F.C.、松本山雅FCレディースU-15、幼児向けのサッカー教室など、サッカーを通じて誰もがスポーツに向き合うことができる環境をめざした、松本山雅FCの取り組みも支援しています。
参考)<松本山雅レディースU-15・B.F.C.×エプソン>
紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=0Dl687WXZaY

株式会社松本山雅 代表取締役社長 神田 文之氏
「トップチームがJ3降格という厳しい状況下で2022シーズンもトップスポンサーとして継続支援を頂き、改めて感謝を申し上げます。トップチームのJ2復帰もさることながら、地域と共にあるプロスポーツクラブとしての責任と覚悟のもと、地域に目を向けた活動も精査し、継続または新規取り組みにもチャレンジしていきたいと考えております。来シーズンもセイコーエプソン様のロゴを胸に、正々堂々と戦うチームを構築して参ります。今後とも松本山雅をよろしくお願い申し上げます」

セイコーエプソン株式会社 代表取締役社長 小川 恭範
「2021年は、新型コロナウイルスの影響が続くとともに、J3に降格することになり、非常に苦しいシーズンでした。しかし、スポーツを通じて、地域のさまざまな活性化に貢献する松本山雅FCの意義は変わることはありません。当社は、松本山雅FCが地域にとってさらに価値あるものとなるよう、来シーズンも引き続き支援してまいります。」
以 上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ