偉大すぎる兄を超えろ!八村阿蓮がBリーグ・群馬クレインサンダーズに加入!

株式会社オープンハウス

東京五輪で旗手も勤めた八村塁の弟も素質はスター級!!

「COME ON!!」を今季スローガンに掲げ、日本プロバスケットボール1部リーグに初参戦ながら、旋風を巻き起こす 株式会社群馬プロバスケットボールコミッション(本社:群馬県太田市東本町16-4、代表取締役社長:阿久澤 毅)は、東海大学の八村 阿蓮 選手を獲得すると発表いたしました。

群馬クレインサンダーズがオープンハウスグループ入りしてから早2年、人材・設備投資などが実り、昨季は無敵の強さでBリーグ史上最高となる33連勝を達成しました。B2リーグ史上最速の優勝も勝ち取ることができ、悲願であったB1リーグ昇格も果たしました。そして数年以内での日本No1という険しくも明確な目標を叶えるべく、新メンバーも続々と参画してくれました。初代Bリーグチャンピオンヘッドコーチとしても名高いトーマス・ウィスマン氏をヘッドコーチに迎え、Bリーグ最年長にして日本プロバスケットボール界きってのプリンスでもある五十嵐圭選手を獲得、その他Bリーグ最長身(217cm)で、東京オリンピック2020でも大暴れのチェコ代表のオンドレイ・バルヴィン選手などB1リーグでも旋風を巻き起こせるメンバーが揃いつつあります。

八村 阿蓮 選手獲得の背景

今回の八村 阿蓮 選手入団は、大学No1プレイヤーの呼び声も高く、各年代ごとに日本代表に選ばれるなど、同世代で見てもとりわけ多くのタイトルを総なめにしてきた経験を持つことから、日本No1を目指すチームにおいて躍進の起爆剤になると確信しての獲得となりました。

実兄であるNBAプレイヤー八村 塁 選手同様に、日本人には中々ないスケールの大きい選手であることから、まだまだ荒削りな部分はありますが、スターの素質を持ち、その成長に期待しての特別指定選手契約になります。

特別指定選手制度は、学生バスケットボール連盟などに所属する満22歳以下の選手を対象に育成・強化を目的とした制度です。

八村 阿蓮 選手は富山県出身、1999年12月20日生まれ、現在までは東海大学に在学、スター選手が集まる同大学の中でもピカイチの活躍で大学日本一に導くなど実績は十分です。またアメリカプロバスケットボールリーグNBAでプレーする八村 塁 選手の弟としても知られています。

オープンハウスについて

1997年9月に創業したオープンハウスは、都心部に特化して不動産業を展開してまいりました。地域に根ざした営業活動を展開し、都心部ならではの住宅事情の中でお客様のご要望に合わせた住まいの提供に努めています。2013年9月には、東証一部上場。2016年に名古屋エリアに進出して以降、埼玉、福岡、千葉エリアへと拡大。「好立地、ぞくぞく。」のキャッチフレーズの通り、これからも多くのお客様に「都心部の好立地」でありながら「リーズナブルな価格」の住宅を提供してまいります。

オープンハウスグループ URL:https://openhouse-group.co.jp/
株式会社オープンハウス URL:https://oh.openhouse-group.com/
群馬クレインサンダーズ URL:https://g-crane-thunders.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ