現役プロアイスホッケー選手と健康づくり「クレインズコンディショニングプログラム」

ひがし北海道クレインズ

「スポーツ」×「ヘルスケア」の融合で健康づくり『クレインズコンディショニングプログラム』

北海道釧路市を拠点に、アジアリーグアイスホッケーに所属するアイスホッケーチームひがし北海道クレインズ(代表取締役社長 田中茂樹)では、クレインズコンディショニングプログラム受講者を募集しております。

本プログラムは、ひがし北海道クレインズ(以下、クレインズ)と釧路市・大塚製薬株式会社(以下、大塚製薬)が連携し、釧路市民の運動習慣化を通じて健康増進や介護予防を図ることにより、健康寿命の延伸等を実現することを目的に実施するものです。
釧路市・クレインズ・大塚製薬が、「スポーツ」×「ヘルスケア」の融合による市民の健康づくりの一環として本プログラムを実施いたします。

対象は市内在住の60歳以上の皆様とし、株式会社R-body project(所在地東京:https://r-body.com)が発行する、認定メソッド R-Conditioning Coach を習得したクレインズの選手・トレーナーが講師となり、2 ヶ月間(8 週間)のプログラムに参加することで運動機能改善と運動習慣化を目指していただきます。

受講費は全9回分あわせて2,000円。
クラスは火曜コース(18:45~)・木曜コース(15:00~・16:45~)の3クラスよりお選びいただけます。
普段は氷上で激しい戦いを見せる選手が、本プログラムを通して釧路市民の健康づくりの一助を担います。

プログラム概要・詳細につきましては、下記の資料または弊社HPをご確認ください。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ