日本フィルハーモニー交響楽団、年末気分を盛り上げる「第九」をカラオケルームで堪能!JOYSOUND「みるハコ」で無料配信!

株式会社エクシング

年末が近づくと、全国各地のコンサート会場で公演が開かれるなど、耳にする機会が増えるベートーヴェンの『第九』こと、ベートーヴェン交響曲第9番。第4楽章のメロディーは「歓喜の歌」として日本人に親しまれています。

観て楽しめる多彩な映像コンテンツを提供するJOYSOUNDのサービス「みるハコ」では、オーケストラによる迫力の演奏をお楽しみいただくべく、「日本フィルハーモニー交響楽団」が、昨年12月にサントリーホールで演奏した『第九』の映像を全国のカラオケルームにお届け!本日12月17日(金)から来年1月16日(日)までの期間限定で、最新機種「JOYSOUND MAX GO」をはじめとした対象機種を導入のカラオケルームで、無料(別途室料)にてお楽しみいただけます。

▽詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item2/808682/

映像冒頭には、日本フィル・ソロ・コンサートマスター木野雅之による、バイオリンを用いた楽曲解説を収録。巨匠・小林研一郎と60年以上の歴史を持つプロオーケストラ「日本フィルハーモニー交響楽団」による、大迫力の演奏を、1時間20分に及ぶ映像で、たっぷりとご堪能いただけます。

歌うだけでなく、観て楽しめる多彩なジャンルの映像コンテンツを配信することで、カラオケルームに新たなエンタテインメント空間としての価値を創出するJOYSOUNDの新サービス「みるハコ」は、身近な生活圏にあるカラオケボックスで、大音量・高音質のライブ映像を、少人数でもお楽しみいただける「新しい生活様式」に対応したサービスです。この機会をお見逃しなく、カラオケルームならではの迫力の音と映像で、臨場感溢れる演奏をお楽しみください。



== 日本フィルハーモニー交響楽団 ベートーヴェン『第九』 配信概要 ==

◆対象機種:JOYSOUND MAX GO/JOYSOUND MAX2/JOYSOUND MAX
※ブロードバンドによる開局を行っている店舗で、お楽しみいただけます。ただし、機種及び設置環境により対応していない場合がございます。

◆配信期間: 2021年12月17日(金) ~ 2022年1月16日(日)

◆配信コンテンツ:日本フィルハーモニー交響楽団 ベートーヴェン『第九』 指揮:小林研一郎[桂冠名誉指揮者](映像提供:テレビマンユニオン)

◆料金:無料 ※別途室料

◆再生時間:1時間20分 ※1時間30分以上の予約推奨

▽視聴方法など詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item2/808682/

【関連情報】
▼歌わないカラオケ「みるハコ」で、ライブの体感を

「新しい生活様式」として、「みるハコ」にはどのような強みがあるか。カラオケメーカー、ライブシーン担当者による対談記事はこちら。
https://prtimes.jp/story/detail/MxzROXFNpxE

▼新型コロナウイルスに対するカラオケボックスの安心・安全対策
お客様および従業員の安全を考慮し、業界団体のガイドラインに則り、カラオケが「心から安心できる場所」であるために、業界一丸となって、さまざまな感染対策に取り組んでいます。
https://www.joysound.com/web/s/karaoke-anshin/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ