日本 – 2日目はイギリス艇を使用し出走決定!

F50-League Japan 合同会社

ジャパン・セールGPチームは、初日のレースで事故を起こしレース艇に深刻なダメージを負いましたが、無事2日目のレースに出場します


代替えの船体の準備を進める日本チームのスタッフ

ネイサン・アウタリッジ率いる日本は金曜日に行われた第3レースのスタート前に衝突したイギリス艇のパーツを組み合わせたハイブリッド艇(船体とラダーはイギリス、ウィングとダガーボードは日本)で出場します。

イギリス人ドライバーのベン・エインズリーは、初日のレース終了直後、自艇の提供を日本に提案しました。イギリスは、6点減点のペナルティーとシーズンチャンピオンシップのポイントから2点の減点ペナルティーを受ける結果となり、事故の責任は自分にあることを認めています。

衝突により、レース艇の右舷前部が切り落とされた日本チーム、最終日はイギリス艇のプラットフォーム(船体)を使用し、ウィングセールとフォイルは自前のパーツを使用します。

これにより、イギリスは大会から棄権。最終日は7チームで競われます。

現在、スペインが単独首位に立ち、それを追うオーストラリアとアメリカがトップ3。大会最終日は、決勝出場権をかけた残る予選2レースと、その後トップ3チームによる決勝レースが行われます。

オーストラリア・セール・グランプリ暫定結果 (初日3レース終了時点)
1 // Spain // 21 points
2 // Australia // 16 points
3 // USA // 16 points
4 // Denmark // 14 points
5 // Japan // 10 points
6 // New Zealand // 9 points
7 // Great Britain // 6 points (incl. 6 point penalty)
8 // France // 5 points (incl. 2 point penalty)

◆お問い合わせ連絡先◆
ジャパン・セールGPチーム/ 広報 渡部 雄貴(わたなべゆうき)
ywatanabe@sailgpjpn.com +818029729195

セールGP日本語サイト
https://sailgp.com/#l

J-SPORTSでレース観戦をライブで楽しもう!
第7戦シドニー大会
公式大会名:オーストラリア ・セールグランプリ Presented by KPMG

ーーーーーーーライブ放送ーーーーーーー
Day 2 :12月18日(土) 午後1:50 – 午後4:30「J-SPORTS 2」

ーーーーーライブ配信 (オンデマンド)ーーーーー
Day 2 :12月18日(土)午後1:50~午後5:30「J-SPORTSオンデマンド」

ーーーーー見逃しハイライト放送(初回)ーーーーー
12月25日(土) 午前10:00 – 午前10:30「J-SPORTS 2」

ーーーーー見逃しハイライト配信(初回)ーーーーー
12月25日(土)午前10:00~午前10:30「J-SPORTSオンデマンド」

配信及び放送に関する詳しい情報はこちらをご確認ください。

セールGP シーズン2大会スケジュール
第1戦 バミューダ大会(ハミルトン)2021年4月24日(土)・25日(日)
第2戦 イタリア大会(ターラント)2021年6月 5日(土)・ 6日(日)
第3戦 イギリス大会(プリマス)2021年7月17日(土)・18日(日)
第4戦 デンマーク大会(オーフス)2021年8月20日(金)・21日(土)
第5戦 フランス大会(サントロペ)2021年9月11日(土)・12日(日)
第6戦 スぺイン大会(カディス)2021年10月9日(土)・10日(日)
第7戦 オーストラリア大会(シドニー) 2021年12月17日(金)・18日(土)
最終戦アメリカ大会(サンフランシスコ)2022年3月26日(土)・27日(日)

セールGP シーズン3大会スケジュール*
第1戦バミューダ大会(ハミルトン)2022年5月14日~15日
第2戦アメリカ大会(シカゴ)2022年6月18日~19日
第3戦イギリス大会(プリマス)2022年7月30日~31日
第4戦デンマーク大会(コペンハーゲン)2022年8月19日~20日
第5戦フランス大会(サントロペ)2022年9月10日~11日
第6戦スペイン大会(カディス)2022年9月24日~25日
第7戦ドバイ大会(ドバイ)2022年11月11日~12日
第8戦ニュージーランド大会(クライストチャーチ)2023年
*シーズン3は2023年4月に終了する予定で少なくとも10大会予定されています。

ジャパン・セールGPチーム広報

Partners



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ