NECグリーンロケッツ東葛が印西市と連携協定を締結!【ラグビー/NTT JAPAN RUGBY LEAGUE ONE】

日本電気株式会社

”ラグビーの街、東葛”の実現に向け、東葛エリアに隣接している印西市をホストエリアに。ラグビーフットボールを通じて地域に愛されるチームへ!

この度、NECグリーンロケッツ東葛は、ラグビーフットボールを通じて地域振興・地域貢献に取り組み、市民の健康増進や豊かな社会生活を実現することを目的とした連携協定を、千葉県印西市と締結しました。NECグリーンロケッツ東葛は、東葛エリアの我孫子市、柏市、松戸市、野田市、流山市、鎌ケ谷市の6市と、隣接する白井市と連携協定を締結しており、印西市は8市目の締結となります。
連携協定に関する調印は、12月15日(水)に印西市役所にて開催され、印西市から板倉正直市長、NECグリーンロケッツ東葛から梶原健代表、瀧澤直主将が参加しました。


  調印書を交わす梶原代表(左)、板倉市長(右)

印西市 板倉 正直 市長 コメント

「これまでも、NECグリーンロケッツ東葛の皆様には、「ラグビーまつり」をはじめ、スポーツの日記念行事などにおいても多大なる協力をいただいておりましたが、この度、NECグリーンロケッツ東葛のホストエリアの一員に印西市を加えていただけることは大変喜ばしいことと思っております。
当市には創設30年を超える伝統ある印西ラグビースクールがあり、子どもから大人まで幅広い年齢層において、世代を超えた交流もあると伺っておりますので、今回のラグビーを通じた地域振興・地域貢献の相互連携に関する協定を締結させていただくことで、より一層の市民の健康増進・豊かな社会の実現を図ってまいりたいと考えております。」

NECグリーンロケッツ東葛 梶原健 代表 コメント

「ホストタウンである東葛エリアの我孫子市、柏市、松戸市、野田市、流山市、鎌ケ谷市に続き、隣接する白井市、印西市ともホストエリア連携協定を締結することができてとてもうれしく思います。ラグビーフットボールを通じて、印西市のよりよい社会づくりに貢献できるよう、積極的にスポーツチームだからこそできる地域振興・地域貢献を行っていくことで皆さんに愛され、必要とされる存在になっていきたいと思っております。印西市の皆さんに”おらが街のチーム”と思ってもらえるように積極的に活動していきます。」


左から:赤井千葉支社長、瀧澤主将、梶原代表、板倉市長、千葉県ラグビーフットボール協会瀧田会長、
    中澤議長、酒井健康こども部長

■協定調印式
 1、日時:2021年12月15日(水) 11時00分
 2、場所: 印西市役所市長応接室

■出席者
 1、印西市
   板倉 正直 市長 ほか 
 2、NECグリーンロケッツ東葛
   梶原 健 代表
   瀧澤 直 主将 ほか

■NECグリーンロケッツ東葛について
ジャパンラグビーリーグワンに加盟するラグビーフットボールチーム。日本選手権優勝3回、マイクロソフトカップ優勝1回の実績がある。2021年、これまでの歴史を継承しながら、更なる進化を遂げるためチームのリブランディングを実施。同時に千葉県東葛エリアをホストタウンとし、チーム名を「NECグリーンロケッツ東葛」に改名し、地域のコミュニティHUBとなるチームを目指す。チームのエンブレムであるロケット胴体部の三層のラインは、ロケットに搭乗しているチーム、サポーター、コミュニティを表現。チームに関わるすべての皆さまに愛され、必要とされる欠かせない存在になることを目指す。2021‐22シーズンでは、新たな指揮官である元オーストラリア代表監督マイケル・チェイカ氏のもとNECプライドを取り戻し、サポーター、コミュニティとともに王座奪還を目指す。

〈NECグリーンロケッツ〉
■公式ウェブサイト:https://rugby.necsports.net/
■公式Twitter:https://twitter.com/nec_gr_official
■公式Instagram:https://www.instagram.com/nec_gr_official/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/NECGreenRockets.TL/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ