【岡山大学】陸上競技部が中四国学生駅伝で4位入賞

国立大学法人岡山大学

2021(令和3)年 12月 17日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/

◆概 要
 2021年12月5日に、山口市で開催された「第65回中国四国学生駅伝」で、岡山大学陸上競技部が4位に入賞しました。

 4位となったのは、1区岩崎亮太さん(医学部2年)、2区春名昌芳さん(文学部3年)、3区旭隼佑さん(理学部3年)、4区平尾元さん(工学部1年)、5区原田雄真さん(教育学部2年)、6区小川皓大さん(大学院医歯薬学総合研究科修士1年)のチームです。本年度は中四国の16大学21チームが参加し、本学からも2チーム12人が出場しました。近年の同駅伝では本学は5位が最高であり、今回は4位を目標に出場し、見事達成しました。

 今回の成績を振り返り、チームのエース旭さんは「絶対に4位を取れるという確信がありました。勢いのある後輩、頼もしい先輩、そしてかけがえのない同期、全員で競い合い、支え合ったからこそチームとしての成長や今回の成績に繋がったと思います」、1区走者として好スタートを切った岩崎さんは「失敗が許されない中、冷静な走りができました。後続のメンバーに感謝したいです」と喜びを語っていました。

2区春名さんにタスキを渡す1区岩崎さん(左から2人目)
アンカー小川さんにタスキを渡す5区原田さん(右)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、陸上競技部も約2か月活動が禁止になるなど苦しい時間を過ごしました。苦難を乗り越えた末に掴んだ今回の結果について、1年間チームを率いてきた南方昭寛さん(理学部3年)は「出場が叶わなかった大会も多くありましたが、再開以降チームとして危機感を持って練習した結果、目標を達成できました」と振り返りました。

 今後も好成績を期待できる陸上競技部。部の主将を務める原田さんは「チームとしても個人としてももっと上を目指したいと思う大会になりました。来年は区間賞を取りたいです」、そして1年生ながら4位入賞に貢献した平尾さんは「ここから更に強くなってトラックレースでも良い記録を残せるよう頑張ります」と意気込みを語っていました。
レース後の記念撮影

◆参 考
・岡山大学陸上競技部
 https://www.okautf.com/

◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 学務部 学生支援課
 TEL:086-251-7179

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年12月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000374.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html

国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ