ライセンスの藤原一裕さんが「Krush.132」ゲスト解説に登場!「これぞKrush・これぞK-1という試合ばかり。KOシーンは記憶に残るものばかりで最高でした」

K-1実行委員会

12月18日(土)東京・後楽園ホールにて「Krush.132」が開催され、お笑い芸人・ライセンスの藤原一裕さんがゲスト解説を務めました。


藤原さんは高校時代に空手でインターハイに出場歴があり、Krushの解説は今回が2度目。
大会前のリング挨拶では「普段後楽園ホールのリングは上がることないんですけど、1度だけ上がったことがありまして、それは山崎vsモリマン対決(※ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!の人気企画)の前説でした。それ以来でございます」とコメントし、会場からは笑いも起こりました。

今大会はダブルメインイベントとして2階級のタイトルマッチが組まれ、クルーザー級ではマハムード・サッタリ、フェザー級では新美貴士がともにKO防衛。全9試合中5試合がKO決着となり、藤原さんも「本当に素晴らしい大会に呼んでいただいてありがとうございます。これぞKrush・これぞK-1という試合ばかりで、特にKOシーンは記憶に残るものばかりで最高でした」と大会を振り返りました。



なお今大会の模様は12月25日(土)よりK-1公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/k1wgp_pr)にて全試合を無料配信いたします。

☆全試合結果・写真・レポート・動画はこちら
https://www.k-1.co.jp/result/16537/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ