【新サービス】みんなの副音声アプリ「Digvoice」を提供開始

Digvoice

あなたの声で映像をもっとオモシロク!!

Digvoice(ディグボイス)プロジェクトは、地上波放送や動画配信サービスの映像に「たくさんの副音声チャンネル」を加えることができるスマートフォン向けアプリ「Digvoice」をリリースしたのでお知らせします。

▼Digvoiceについて
地上波放送や動画配信サービスは、映像と音声が一体となって配信されますが、Digvoiceは、映像の面白さはそのままに、配信者独自の視点で副音声を当てることができるため、今まで味わうことのできなかった楽しみ方が見つかります。
これまでにも、ドラマを見ながらSNSで感想をつぶやいてみたり、バラエティー番組を見ながらツッコミを入れてみたり、映像に”+α”を付け加えて楽しむ手法がありました。
Digvoiceは、映像に、さまざまな人物の視点や角度からの音声を被せることで、新たな視聴体験を提供するアプリです。

お茶の間でつぶやいているあなたの視点も、きっと誰かを楽しませることができます。

▼利用シーンの例
(一般のみなさま)
・サッカーチームのサポーター同士で一緒に盛り上がりたい
・恋愛バラエティーを見ながら友達と一緒に語り合いたい
・ニュース番組を見ながら専門家の解説を聞きたい
・昔のライブ映像をアーティストと一緒に振り返りたい
・セミナーイベントでの質疑応答を複数人で回答したい
など

(法人のみなさま)
・自社製作の番組で新しい取り組みを行ってみたい
・同じ映像を繰り返し楽しんでもらいたい
・番組で使われている製品について説明を加えながらライブコマースを行いたい
など

いろいろなニーズに合わせてあなただけの副音声を見つけてみませんか?

▼Digvoiceの機能
【配信ルーム機能】

 配信者(最大3名)と、多数のリスナーとで一緒に映像を楽しむ機能です。
 誰でも配信ルームを作成して副音声配信を行うことができます。
 ※Digvoiceには映像配信機能がありません。配信ホストとなるユーザーはどの媒体で番組を見るのか「タグ」などを使ってリスナーに知らせましょう。

【ゲスト配信者招待機能】
 配信ホストはリスナーの中から任意のユーザーにゲスト配信者になるための招待状を送付できます。もちろん、招待状を送る相手は遠方にいても問題ありません。

【チャット機能】
 リスナーは音声での会話に参加できない代わりにチャットでのコミュニケーションができます。チャットを投稿して配信者との会話を楽しみましょう。

【開場、開演ステータス機能】
 配信ルームはライブ会場のように開場と開演の2つのステータスがあります。開場のステータスでは、開演を待つリスナーとは区別された、ライブ会場の控室のように配信ホストとゲスト配信者だけの会話が行えます。

【検索機能】
 検索機能は音声配信のタイトルやタグを検索するための機能です。
 あなたが見ている映像を検索してみて、ライブ配信が行われていないか探してみましょう!

【ライブラリ機能】
 HOME画面や検索結果を見て気に入った配信者やチャンネルがあればライブラリに追加しましょう!

▼法人のみなさま
 Digvoiceでは映像コンテンツホルダーの皆様と一緒に視聴体験をアップグレードするための試みを実施中です。モニターでの視聴はもちろん、スタジアムやセミナールームなど多様なシーンで活用いただけます。
 サービス詳細の説明に関するご要望やその他ご質問などは下記「お問い合わせ先」へご連絡ください。
 ※「Digvoice」はSBイノベンチャー株式会社が事業化検討中のβ版サービスで、今後一定の基準を満たした場合に正式サービスとして提供する予定です。

▼その他情報
(サービスHP)
 https://digvoice.jp

(AppStore)
 https://apps.apple.com/jp/app/digvoice/id1580919074

(PlayStore)
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.digvoice.digvoice

(公式Twitter)
 https://twitter.com/DigvoiceJP

▼お問合せ先
 Digvoiceサポート窓口(担当:山村、東山)
 digvoice-support@sbinnoventure.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ