アニメーターGOZオリジナル作品、成約総額3,145万円突破。アニメーションは飾る時代へ。

株式会社EDLEAD-japan-

人気アニメ「作画」「原画」「作画監督」を手がけるアニメーター郷津春奈の単独個展が開催、オリジナル作品9作品の成約総額 3,145万円を突破。

国と企業を越えた専門家約150名が所属する国際映画スタジオNOMA主催、業界初アニメーターに焦点を当てた、「アニメーションを、飾る」アニメーター郷津春奈単独個展が10月15日~31日開催しました。デジタルならではの新しい表現を発信する銀座個展が行われた形となり、アニメーター郷津春奈の初となる完全オリジナル作品9点が飾られた単独個展となりました。

個展会場では連日多くの方々が集まり、「呼吸」をテーマとした、「アニメーションを、飾る」というアートの新しいジャンルの作品を鑑賞することができました。アニメ(アニメーション)と聞くとカラー30分のストーリーを想像しますが、今回の作品はモノクロ+差し色が入ったGOZオリジナルのループ作品であり、動物、人間が「呼吸」をするシンプル且つリアルな描写が映し出された作品となりました。GOZ本人は0から1になる美しさ、未完成という完成と語ります。
会場ではアニメーター業界の著名人や人気声優も来場し、子供向けのアニメ教室や、メディアインタビュー、撮影などが行われました。

そんなGOZの9作品は多くの方々を魅了するとともに個人および企業のアートコレクターの目に止まりギャラリストのSynchroArt財団発表成約総額3,145万円と発表。アニメーターが単独個展を開き、且つアニメーションの新しいジャンルを切り開き、市場にて評価された作品となりました。

■G O Z:アニメーター 郷津春奈/GOZ個展詳細
HP:https://g-o-z.com/
会期期間:10月15日~10月31日
場所:SynchroArt銀座店
住所:東京都中央区銀座6-9-14 方圓ビル1F
※TOKYO GINZA SIX 徒歩1分
地図:https://maps.app.goo.gl/3m5fzSJuCvEp2cse6
主催:NOMA

本個展の企画とキュレーションを務めた映画監督の伊藤太一は、下記のように振り返る。

「アニメーション業界は、ある。ですが、“アニメーター業界”が認知されていないことに疑問がありました。わたしたち映画監督は幸いにもアーティストとして立っていますしかし、アニメーターには、代表者として想い浮かぶ“顔”がありません。一般人に全想起される方々は既に“映画監督”であり、アニメーターではないのです。各国コンテンツ産業の頂点にあり、コロナ禍に一時停止した映画界を牽引してくれたのはアニメーション業界。その業界を支え、観客たちを導いたのは企業ではなく、“アニメーター”たちです。

わたしは彼らに、相応しいステージを用意しようと決めました。ハリウッド、ロンドン、パリ、韓国や中国にも情報を求めた結果、GOZこと、郷津春奈さんを選びました。

職人としての美学を貫くアニメーターたちは、表舞台に立つことを選びません。しかし一方で、急激な表現技術の発展とストリーミングの台頭による作品の大増産に、現場からの悲鳴が上がっています。さらに、完成作品に圧倒的な差違をつけられなくなった現代では作品の価値がコモディティ化されている。“消費される作品とアーティスト”を見過ごさず、近未来の正しい加速の中でなお輝く、アニメーターに登壇願おうと想いました。

GOZさん、彼女は自らが矢面に立たされることを厭わず、当然に現役の忙殺される日々を歩みながら、この新たな闘いに名乗りを上げてくれました。「アニメーションを、飾る」という可能性の価値化を生み出せたのは、彼女の覚悟、決意に他なりません。我々アーティストたちはその勇気に立ち会い、更なる認知を可視化しました。アニメーターGOZの作品を手にしたファースト コレクターと大勢の支援者たちに、最大の敬意を表します。作品とアーティストは支援者の存在により消費されることなく、永遠を手にします。GOZは世界中のアーティストたちへ、近未来を観せることに成功しました。」

■次回個展情報/ NFTアート作品も公開へ

■郷津春奈:GOZ
ガンダムやULTRAMANアニメを手がけた巨匠アニメーター板野一郎を師とし、数々のメジャーアニメ、映画の作画、作画監督を担当。現在ではサンライズ、MAPPA、手塚プロダクションなどのアニメスタジオでアニメ制作を担当するとともに書籍や企業プロモーションアニメ制作など幅広く活動。2021年10月より公開完全オリジナル作品「鬼滅の刃:無限列車編の作画も担当する。

参加一部:鬼滅の刃 2021TVシリーズ 原画 / Netflix オリジナル YASUKE #2 作画監督 / 岬のマヨイガ作画監督 2021年夏/ 2021東京オリンピック公式アニメーション 原画/ ONE PIECE FILM Z /ロトスコープアニメーター /ポケットモンスター XY 作画監督 50話

■NOMA
国と企業を越えた専門家約150名が所属している国際映画スタジオ。監督、プロデューサー、アニメーター、アクター、シネマトグラファー、作曲家などが多数所属し、企画開発から運営管理まで映像製作の全てをチーム内で完結。また、最新鋭の映像表現を追求するために、技術者、研究者、クリエイター、アーティスト、そして事業家などがサポートを行う。結成6ヵ月ですでに7作品の短編映画を製作。国際映画祭へのエントリーを続けている。

■太一監督:※本個展企画 / プロデューサー / キュレーター
TAICHI:映画監督/脚本家
1971年生/東京都出身。1984年、 SFXアーティストとして映画業界デビュー。VFXスタジオA.T-ILLUSION株式会社、映画プロダクションEDLEAD inc.(Los Angeles, HOLLYWOOD)のCEOを努め、60本の劇場映画、500作品の地上波メジャーCMに参画。2016年4月、実写VR.映画等の国際映像スタジオ「NOMA」を創設。映画、CM、MV.、PVに監督作多数。近作ではニコラス ケイジ主演映画のプロデュースのほか、ファッション誌「VOGUE」で上戸彩主演のホログラム映像を、「GQ」ではVR.に進出。宇宙航空研究開発機構JAXAのブランディング監督作品やNFTからメタバースまで、各国活動ジャンルは自在。世界初のVR.連載にて産経新聞より、最新監督作のNOMA製作国際映画「THE RHETORIC STAR」について、プリ プロダクションを公開中。

■イベントお問い合わせ
イベントお問い合わせ:03-6206-4614
取材等お問い合わせ:taichi@edlead-j.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ