ガンバ大阪シーズンドキュメンタリー『Who is your HERO』DAZNにてエピソード5配信開始のお知らせ

株式会社ガンバ大阪


Jリーグ各クラブが独自の視点で撮影・収録した映像で構成されるオリジナルドキュメンタリー「J.LEAGUE DOCUMENTARY SERIES」。DAZNで配信するガンバ大阪シーズンドキュメンタリー『Who is your HERO』エピソード5が配信開始!

『Who is your HERO』
シーズンを通じて、各回ガンバ戦士に密着し、DAZNにて配信します。ガンバ大阪の戦いを追いながら主人公の選手にとってのHERO像を描いていきます。様々なHERO像を知ることで視聴者の方にも自らの目指すHEROを想像するきっかけとなるドキュメンタリー番組。

【エピソード5 あらすじ】
ガンバ大阪のエース宇佐美貴史。今シーズン、宇佐美がリーグ戦で決めたゴールはわずか6ゴール。しかし、そのうち5ゴールはチームを勝利へと導くゴールとなった。本人も「今までのキャリアの中のゴールの中で一番うれしい5点」と話すなど記憶に深く刻まれた。なぜここまで思いが詰まったゴールとなったのか。
今シーズン、宇佐美は苦労の連続だった。新シーズンに向けたキャンプで右足を負傷し、大きく出遅れてしまう。さらにチーム内で起きた新型コロナウイルスのクラスターでチームの活動停止。その影響で真夏の15連戦とコンディションが整わない中でのシーズンに苦しんでいた。練習でジョギングすることすら苦しかった時期もあった。
そんな宇佐美を陰ながら支えたのが榎本ドクターと桝井トレーナーの2人の存在だった。宇佐美の変化に気付き相談にのっていた2人。榎本ドクターと桝井トレーナーだけに相談していた当時の苦悩をそれぞれの口から語ってもらった。
そんな苦しみ抜いたシーズンだったからこそ今年の5つのゴールには特別な思いがあった。
20代最後の年となった「宇佐美貴史の2021年」を追った。

【番 組 名】
J.LEAGUE DOCUMENTARY SERIES
ガンバ大阪シーズンドキュメンタリー
『Who is your HERO』

【配信日時】
エピソード5『Who is your HERO 宇佐美貴史』

【配信回数】
全5回
#1『東口順昭 コロナ禍の重圧』
#2『倉田秋 築き上げた新たな10番像』
#3『昌子源 嫌われ役を担う覚悟』
#4『パトリック 日本、そしてガンバへの愛』も好評配信中!

【著作】
ガンバ大阪
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)

【制作】
毎日放送

J.LEAGUE DOCUMENTARY SERIES ガンバ大阪シーズンドキュメンタリー
『Who is your HERO』が視聴できるDAZNへの登録はこちら>
https://www2.gamba-osaka.net/lp/dazn/index.html

テレビやスマートフォンで。デバイスさえあれば、どこにいてもご観戦いただくことができるDAZN。まだ未加入の方はぜひこの機会にご登録ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ