2022年より読売ジャイアンツの岡本和真選手が「ローリングス ゴールドラベル」グラブを使用

ローリングスジャパン合同会社

NPB日本人選手初!

ローリングスジャパン合同会社 (本社:東京都品川区北品川1-9-2東京YBビル3F 代表:ロナルド・オストロウスキ、以下、ローリングスジャパンLLC)は、2022年より読売ジャイアンツの岡本和真選手が「ゴールドラベル」のグラブを使用することを発表致します。

岡本和真選手
MLBでは「Rawlings Gold Glove Award」を受賞した選手のみが使用できる「ゴールドラベル」。

今年、NPBでローリングスアドバイザリースタッフとして、初となるゴールデングラブ賞を受賞した読売ジャイアンツの岡本和真選手が、2022年より「ゴールドラベル」のグラブを使用致します。

NPBの日本人選手として「ゴールドラベル」を使用するのは、パ・リーグにて受賞したオリックス・バファローズの宗佑磨選手と合わせて初となります。

使用予定グラブ

■使用グラブについて

サードという特性上、大き目で強くて軽いというのが岡本選手の中での理想。
今回ベースにしたのは、サンディエゴパドレスで守備の名手としても活躍するマニー・マチャド選手が使用しているグラブを1サイズ小さくしたモデル。
速く、強い打球にも負けない安心感があり、ポケットの深さや位置も理想に近いグラブ。

【About Rawlings】
ローリングスは、野球の本場アメリカで130年以上ベースボールプロダクトを作り続けています。2020年からはオフィシャルグラブパートナーとして、MLBロゴを取り付けたグラブの販売を開始するなど、MLBとのライセンス契約を締結しました。MLBのボールとヘルメットに於けるオフィシャルサプライヤーとしても継続し高い信頼を得ております。
また、グラブやバット、キャッチャーギアーやアパレル等でも多くのプレイヤーをサポートしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ