【キャンプでも美味しい生ビールが飲めるビールサーバー機能搭載!炭酸対応の最新型野営タンブラー BAKUSHU(バクシュ)がMakuakeにてクラウドファンディングを開始!】

Remote island

キャンプギアを企画・開発するRemote islandより、ビールサーバー機能を搭載した最新型タンブラー BAKUSHUの、先行販売がMakuakeにて2021年12月17日より開始しました。


Makuakeプロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/bakushu/
・開催スケジュール:2021年12月17日(金)~2022年1月30日(日)まで

「美味しく・楽しく・格好よく・ビールをキャンプで飲みたい!」
「海外ではビールが飲めるタンブラーがあるのに日本には全然ない。」

ドラフトマスターのビール好きキャンパーと、海外でビールが飲めるタンブラーを愛用していたキャンパー、
同じキャンプチームの二人のそんな想い(わがまま)からBAKUSHUは生まれました。


ビールサーバーが使えるので、いつでも、どこでもビアパーティが開催できます。

ビール対応の最新型タンブラー


ビールを持ち運べる水筒、通称グラウラーと呼ばれる最新型タンブラー。
一般的な魔法瓶・ステンレスボトルは炭酸飲料に対応していません。
(圧力の問題で、蓋があかなくなったり暴発したりします)

BAKUSHUは蓋の特殊構造により暴発を防ぎ、かつ炭酸が抜けにくくなっているので、ビールはもちろん様々な炭酸飲料の持ち運びに対応しております。

専用タップ取り付けでビールサーバーに


専用タップを取り付けて、サーバーに早変わり。

キャンプ映えする無骨なデザイン


サーバーを使わずにタンブラーとしてもカッコよくお使いいただけます。

用途に合わせて3サイズ


サーバーや大容量で使いたい方は1.9Lと3.8Lを、ソロキャンなどには0.9LのBAKUSHUを。
炭酸が飛ばないのでハイボールの作り置きにもおススメです!

お洒落にクラフトビールのテイクアウト

ブルワリー監修

美味しくなければ意味がないと考え、初回サンプル時からブルワリー様に監修していただきました。
缶ビールだけでなく、香りが重要なクラフトビールでも味が保証できるまで試したかったためです。

■目標金額:30万円
■実施サイト:Makuake
■掲載URL:https://www.makuake.com/project/bakushu/
【実行者について】
Remote island
事業内容:自社製品の開発、海外製品の輸入販売。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ