SCARZ 第五人格部門、 Identity V – FALL IVC 2021のオフライン決勝へ進出!

株式会社XENOZ

2021年 IdentityV Championship 秋季日本大会 オフライン決勝が12月25日、26日開催!初優勝を目指しSCARZが挑戦!

川崎を本拠地に活動するeスポーツチーム「SCARZ」運営元の株式会社XENOZ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:友利 洋一)は、第五人格部門が2021年 IdentityV Championship 秋季日本大会 オフライン決勝に進出したことをご報告致します。

12月25日、26日に開催される2021年 IdentityV Championship 秋季日本大会 オフライン決勝。
大会賞金総額は900万円。優勝チームには360万円の賞金と同時に、世界大会CoA5ワールド決勝トーナメントへの出場権が手に入ります。

オフライン決勝進出チームは、SCARZを含む、Crest Gaming、AXIZ WAVE、ZETA DIVISIONの4チーム。
SCARZはトーナメント戦の初戦で、強豪ZETA DIVISION相手に劇的な勝利を収めWINNERSとしてオフライン決勝の出場権を得ました。

[ZETA DIVISION戦 3回戦後半 勝利のシーン]

12月25日に行われる勝者組決勝(準決勝)の相手はプレシーズン、グループマッチと今季3度目の対戦となるCrest Gaming。ここで勝利をすれば翌日の決勝へ、敗北すれば敗者組決勝(準決勝)へと駒を進めることとなります。
対戦相手のCrest Gamingとは過去の試合データより、4戦中2勝2敗と決して油断できない相手ですが、今季2戦はすべて勝利しているため十分に決勝進出への可能性があります。

試合中に幾度となくドラマチックな展開を魅せる様子が、ファンの間で“主人公”と呼ばれているSCARZ。秋季はどこまで戦えるのか、感動的な初優勝となる瞬間は要注目です!

■IdentityV Championship 秋季日本大会
《HP》
https://www.identityv.jp/2021FALLIVC/
《YouTube配信チャンネル》
https://www.youtube.com/channel/UCo5pHsgk0RaUek1ORd0PyXA

IdentityV 第五人格とは

中国の四大ポータルサイト運営会社の子会社であるNetEase Gamesが開発したモバイルプレイ型のゲームタイトル。
ハンター1名 vs サバイバー4名での対戦ゲームでハンター役は逃げ回るサバイバーに攻撃を行いダウンさせ、
サバイバー役はハンターに捕まらず脱出することが目的の鬼ごっこゲーム。
日本でもAppStore TOP1となり20年7月には合計ユーザーが 1億人を突破し、同年11月には1億5千万人に到達。

SCARZとは

会社名:株式会社XENOZ
本社所在地:神奈川県川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル 701
代表者:友利 洋一
2012年に発足し、2015年に法人化した日本プロesportsチームの草分け的存在。
現在では国内有数の大型チームとして10部門を有し、国内・海外の大会で多くの実績を残している。
中でも第五人格部門はかなりの人気があり、発売したグッズは5分で完売などファンの熱狂度の高さが伺える。
《HP》https://www.scarz.net/
《Twitter》 https://twitter.com/SCARZ5
《Instagram》 https://www.instagram.com/scarz_jp/
《お問い合わせ》https://www.scarz.net/contact
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ