国際ドローン協会が第3回東京空撮映像祭を開催。日本でも珍しい空撮映像をフューチャーした大盛況イベント

IDA

IDAグローバルクラブの会員が作成した映像作品を映画館で公開

2021年12月、一般社団法人国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)がお台場の映画館で、第3回目となる東京空撮映像祭を開催しました。同社が主催する会員制コミュニティ「IDAグローバルクラブ」の会員が作成した映像作品を公開する同イベントは特別ゲストの登壇もあり大盛況で幕を閉じた。

東京空撮映像祭とは

一般社団法人国際ドローン協会(IDA)が毎年、開催しており
今年で3回目を迎えたイベントです。

毎年、同社が主催する会員制コミュニティである、IDAグローバルクラブの会員が
1年間かけて作成した映像を映画館のスクリーンを1つ貸し切って公開します。

順位やランキングを付けて競うのではなく
1年間の空撮や活動を振り返り、ドローンパイロットにしか分からない
苦労や努力をお互いに称え合い、刺激を与え合うイベントです。

今年はお台場の映画館で、万全な新型コロナウイルス対策を行いながら開催致しました。
登壇する一般社団法人国際ドローン協会の榎本幸太郎代表理事
映画館のスクリーンを貸し切って開催しました

特別ゲストにもお越し頂きました

第3回東京空撮映像祭には神戸からゲストにもお越し頂きました。

一般社団法人国際ドローン協会は1年前よりハンディキャップを抱えた子どもたちへ
ドローンの指導を行うボランティア活動を行っています。

そして、彼らが一定の技量に達したことから
神戸港で日本初となる6Kの夜間空撮を行いました。

詳細はこちらのPRを御覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000042522.html

見事、神戸港での空撮を行った2人の子どもたち
ハンディキャップを抱えた子どもたちの支援をされている
社会福祉法人プロップ・ステーション理事長・ユニバーサル・ドローン協会(UDrA)事務局長の
竹中ナミさんに特別ゲストとしてお越し頂きました。

神戸港での空撮映像やインタビュー映像を公開した後、登壇頂きました。

特別ゲストにもお越し頂きました

IDAグローバルクラブとは

一般社団法人国際ドローン協会が主催する会員制コミュニティで
趣味・仕事を問わずドローンを真剣に取り組みたい人が集っています。

国際ドローン協会の榎本代表理事が培ってきた知識やノウハウを
お伝えするカンファレンス、ゼミの他、会員だけが参加できる空撮ツアーなど
総合的にドローンについて学び、実践する場になっています。

一般社団法人国際ドローン協会について

「ドローンを通じて関わる人の人生を豊かにする」ことを目的とし、
座学講習会、実技演習、ドローンスクール、ドローンを使ったビジネスの促進や
コンサルティングを行なっています。

また、最高のクオリティを求められる方を対象に、空撮や点検、測量、スマート農業支援等、
業界最前線での業務経験を生かし、豊富な実績でドローンを業務に取り入れたい企業様にも
サービスを提供しています。

詳しくは当協会HPをご覧ください。

【当協会HP】http://ida-drone.com
【空撮サービス】https://ida-drone.com/movie2/
【点検・測量サービス】https://ida-drone.com/spcialservice/
【薬剤散布サービス】https://ida-drone.com/agri/

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCZI_JfyYSJCGC0s64z4eKHw
【Twitter】https://twitter.com/IDA_drone1115

多くの方にご参加いただきました
第3回東京空撮映像祭のポスター
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ