クラウドファンディング「若龍プロジェクト」の御礼及び達成のご報告

株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック

株式会社フットボール水戸ホーリーホック(代表取締役社長:小島耕、以下 水戸ホーリーホック)は、2021年11月25日に開始した、クラウドファンディング「若龍プロジェクト」が目標金額1千万円を達成し、昨日12月24日にプロジェクト成立で終了したことをお知らせいたします。

水戸ホーリーホックはこのたび、11月25日より開始した新たな選手寮の内部施設充実のためのクラウドファンディング「若龍プロジェクト」が、昨日12月24日をもって募集期間を終了しましたのでご報告いたします。

支援総額は11,664,000円(12月24日までに特設サイト及び直接ご支援額)に達し、延べ625名の方からご支援をいただきました。目標であった10,000,000円を超え、水戸ホーリーホックに関わる多くの方からご支援を賜りましたこと、クラブ一同心より御礼申し上げます。

今回のプロジェクトは、 水戸ホーリーホックから多くの有望な若手選手が誕生し、世界に羽ばたいていくことを願い、若手選手・アカデミー選手の寮の施設内部充実を図る目的で実施いたしました。
皆様からいただいた支援金は、主にアカデミー強化費として寮内のトレーニングルーム整備・トレーニング器具購入・食堂整備・通信環境整備費として大切に使わせていただきます。なお、ご支援いただいた皆様にはクラブから金額に応じて順次御礼(リターン)をお届けさせていただきます。

プロジェクト概要

■プロジェクト名
水戸ホーリーホック「若龍プロジェクト」
https://readyfor.jp/projects/hollyhock_academy
■支援総額
11,664,400円 (達成率116.6%)
※直接ご支援分を含めた数値となりますので、プロジェクトページと異なる場合がございます。
■支援者数
625名
※直接ご支援分を含めた数値となりますので、プロジェクトページと異なる場合がございます。

株式会社フットボール水戸ホーリーホック 代表取締役 小島耕のコメント

「このたびは若手選手・アカデミー選手の新たな寮整備のためのクラウドファンディング「若龍プロジェクト」に600名を超える多くのご支援を賜り、心より感謝申し上げます。 今年7月に新寮建設を発表した際に、ファン・サポーター、パートナー企業、行政、クラブOBの皆さまから大変温かいお言葉や喜びの声を数多くいただき、改めて若手選手やアカデミー組織を充実させて人を育て、この地域に誇れる存在を輩出にすることが、水戸ホーリーホックの大きな使命であると再認識いたしました。
今回のクラウドファンディングでは、最終日1日で実に4,262,400円のご支援をいただき、目標額10,000,000円達成することができました。最後の最後まで皆さまの温かいご支援と発信のご協力が目標達成に向けた大きな原動力となりました。
皆様からいただいたご支援は、未来を担う若手選手、アカデミー選手のために大切に使わせていただきます。 多くのご支援、本当にありがとうございました。」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ