一流メジャーリーガーを指導したコーチが実践するコーチング術を解説した『最高のコーチは、教えない』携書化

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2021年12月23日に『最高のコーチは、教えない』(吉井理人・著)を刊行しました。本書は、2018年に刊行された同書を携書化したものです。

話題のベストセラー、待望の携書化!

このたび、大谷翔平・ダルビッシュ有・佐々木朗希のコーチを務め、侍ジャパンの投手コーチにも任命された吉井理人氏の超一流コーチング術を解説した『最高のコーチは、教えない』を携書化しました。

プロ野球界では、コーチが選手たちの前に立ち「あの場面の投球は良くなかった。次はこうしろ」と、自分の経験をもとに一方的に指導するのが常識です。
しかし、吉井氏が目指すのは「選手の個の力を伸ばすコーチング」。
選手が自分の頭で考え、課題を見つけ、改善するように質問を投げかけ、選手とコミュニケーションをとります。「教える」のではなく、「考えさせる」のです。
これが、吉井氏が実践する、個人の能力を最大限に引き出し、高い成果を上げる超一流コーチングです。

本書では、吉井氏のコーチング術をもとに、上司の部下育成やチームの指導など、ビジネスの場面でも活かせる理論的なプロのコーチング術を紹介します。

コーチングの基本理論から実践まで


本書では、なぜコーチが教えてはいけないのかを、吉井氏の経験談をもとに解説し、吉井氏が筑波大学で学び、プロのコーチ経験を通して築いてきた、コーチングの基礎理論から実践までを詳しく紹介します。コーチングを学べて使えるようになる1冊です。

また、本書では野村監督、ボビー・バレンタイン監督など、著者が影響を受けた名監督たちの様々なエピソードも豊富に紹介。
プロ野球を通して、コーチングの重要性を伝えます。

成長段階に合わせて指導と育成の比率を変えるPM理論

コーチングは、指導行動と育成行動の二つを指導していくこと。ただ、選手にもさまざまなタイプがいて、さまざまなレベルの選手がいます。同じ指導をしても、届く選手と届かない選手が出てきてしまうのです。

実際の現場におけるコーチングでは、指導行動と育成行動を使い分けることで、選手にとって最適な指導を模索していきます。その使い分けの基準となるモデルが「スポーツコーチング型PMモデル」です。
第1ステージ「指導型コーチング」から第4ステージ「パートナーシップ型コーチング」まで、どのようにコーチングしていくか具体的に解説していきます。

書籍概要

【目次】
はじめに
第1章なぜ、コーチが「教えて」はいけないのか
第2章コーチングの基本理論
第3章コーチングを実践する
第4章最高の結果を出すコーチの9つのルール
おわりに
携書化に寄せて

【著者情報】
吉井理人(よしいまさと)
千葉ロッテマリーンズ 投手コーチ。元・北海道日本ハムファイターズ投手コーチ。筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学博士前期課程修了1965年生まれ。和歌山県立箕島高等学校卒業。84年、近鉄バファローズに入団し、翌85年に一軍投手デビュー。88年には最優秀救援投手のタイトルを獲得。95年、ヤクルトスワローズに移籍、先発陣の一角として活躍し、チームの日本一に貢献。97年オフにFA権を行使して、メジャーリーグのニューヨーク・メッツに移籍。98年、日本人メジャーリーガーとして史上2人目の完投勝利を達成。99年には、日本人初のポストシーズン開幕投手を担った。2000年はコロラド・ロッキーズ、01年からはモントリオール・エクスポズに在籍。03年、オリックス・ブルーウェーブに移籍し、日本球界に復帰。07年、現役引退。08年~12年、北海道日本ハムファイターズの投手コーチに就き、09年と12年にリーグ優勝を果たす。15年、福岡ソフトバンクホークスの投手コーチに就任して日本一に、16年は北海道日本ハムファイターズの投手コーチとして日本一に輝く。19年より千葉ロッテマリーンズ投手コーチを務める。また、14年4月に筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学専攻に入学。16年3月、博士前期課程を修了し、修士(体育学)の学位を取得。現在も研究活動を続けている。

【書籍情報】

タイトル:『最高のコーチは、教えない。』
発売日:2021年12月23日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:携書判/272ページ
ISBN:978-4-7993-2811-8
定価:1210円(税込)

【本書のご購入はこちら
Amazon https://amzn.to/3yMNEBj 
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16959722/ 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ