”SNEAKER PINKS”から「駿河Nico-2022」が駿河台大学駅伝部のマスコットキャラクターとして誕生。

株式会社テクストトレーディングカンパニー

atmosとAcky Brightのコラボレーションから生まれた「SNEAKER PINKS」

 この度、東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて発信し続けるショップ「atmos」と、イラストレーターの「Acky Bright」氏のコラボレーションから生まれた「SNEAKER PINKS」のキャラクターが、駿河台大学駅伝部のマスコットキャラクターとして新たに誕生致しました。

 世界を舞台に漫画、カバーアート(DCコミック等)、映像、キャラクターデザイン、コンセプトアート、ライブペイントとジャンルを限定せずに広範囲で活動しているAcky Bright氏。
 今回は年始の駅伝に初出場で話題の「駿河台大学駅伝部」とのコラボレーション。学生時代から数々の好成績を収め、個性派指揮官として今もランナーを続ける徳本一善監督が、毎日厳しいトレーニングを行う選手のために「何か喜ぶことがしたい」とAcky Bright氏にオファーをしたのがきっかけ。
 【駿河Nico-2022(するがニコ-2022)】と名付けられたキャラクターは、時空を超え、未来から来たという。駿河台大学駅伝部のユニフォームを着用し、戦闘機を身にまとった斬新なスタイル。戦闘機には駿河台大学のエンブレムが記されている。1万メートルを29秒50で走破するなどキャラクター設定も徳本一善監督が自ら監修した。
 徳本一善監督率いる駿河台大学駅伝部と【駿河Nico-2022(するがニコ-2022)】これからのめざましい活躍に是非ご注目ください。

【PRODUCT】

NAME:駿河Nico-2022 [するがニコ – 2022]
PERSONALITY:2022年12月12日 埼玉・飯能市生まれ。(時空を超え、未来から来たという)
1万メートルの自己ベスト記録は29秒50。趣味はランニングシューズ収集。好きな食べ物はクリームあんぱん。バイオジェット燃料。身長160センチメートル(戦闘機に変形した時は13メートル)

ABOUT PINKS/ Instagram URL: https://www.instagram.com/pinks_japan/
PINKSのルーツや存在については世界各国の科学者の間でも議論が続いており、敵の存在に関しても国家安全保障の観点から明らかにされていないことも多い…

ABOUT 駿河台大学/ URL:https://www.surugadai.ac.jp/
少人数教育、キャリア教育、地域に根ざした社会人教育、各種資格取得講座等を通して、学生自らが人生のグランドデザインを描けるような教育を実践している。

ABOUT 徳本 一善/URL:https://www.instagram.com/graf2006/
法政大学社会学部卒。順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科修士課程修了。日清食品グループ陸上競技部プロ契約選手(2002年~2012年)。駿河台大学陸上競技部駅伝監督(2012年~)法政大学時代、4年連続で箱根駅伝に出場。1999年1区10位、2000年1区1位、2001年2区2位、2002年2区途中棄権。2001年 ユニバーシアード北京大会10000m 3位。2002年 釜山アジア大会1500m 5位。実業団の日清食品グループに所属してからは、主に長距離走・駅伝で活躍。2003年・2004年日本選手権5000m優勝。2006年 東日本実業団対抗駅伝総合優勝(7区1位)。2007年 全日本実業団対抗駅伝総合3位(2区6位)、東京マラソン5位。2010年 ニューイヤー駅伝総合優勝(6区2位)。

ABOUT Acky Bright / Instagram URL: https://www.instagram.com/acky_bright/
カルチャーの聖地日本でインスピレーションに浸りながら育ち、 黄金時代のマンガやアニメ、グラフィティ、実写映画、そして国際的ポップカルチャーを養分として摂取しながら自身の才能を養ってきた。多くの作品は伝統的な白黒作品で繊細なタッチと大胆な構図で様々なモチーフをブラックマーカーやタブレットを使って自在に描くスタイルが特徴。日本にとどまらず世界を舞台に漫画、カバーアート(DC コミック等)、映像、キャラクターデザイン、コンセプトアート、ライブペイントとジャンルを限定せずに広範囲で活動している。

ABOUT atmos / BRAND URL : https://www.atmos-tokyo.com/
SHOP名である”atmos (アトモス)”は、atmosphere(大気)から由来し、大気のようにそこにあって当然のようなSHOPでありたい。“atmos”は、2000年、東京・原宿にヘッドショップをオープン。ファッションとしてのスニーカーをテーマに、店内はスニーカーウォールを設置。ナショナルブランドとのコラボレーションやエクスクルーシブモデルをはじめ、最新プロダクトのテストローンチやマーケティングなど東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて発信しています。

読者様 問い合わせ先
欧文 : atmos▲customer/ 和文 : アトモス▲カスタマー
TEL : 03-6629-5075
URL : http://www.atmos-tokyo.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ