MASENTIC社に早稲田大学専用ファンドから投資実行

ウエルインベストメント株式会社

ウエルインベストメント株式会社(以下、ウエルインベストメント)は、学校法人早稲田大学(以下、早稲田大学)と2018年10月29日に締結された提携契約に基づいて組成された早稲田大学専用ファンドから、株式会社MASENTIC(代表取締役:安達 慶太、以下、MASENTIC社)に出資いたしましたので、以下の通りお知らせいたします。

1. 出資先の概要


会社名: 株式会社MASENTIC (MASENTIC Inc.)
設立:2021年3月9日
代表取締役:安達 慶太
URL: https://masentic.co.jp
事業内容: プロサッカー × ゲーム型ファンディングプラットフォームの企画・開発・運営

MASENTIC社 安達社長のコメント:
『この度、出資をいただき大変嬉しく思います。 WERU INVESTMENT代表の瀧口さんと投資部長の菊池さんには起業をする前からお世話になっており、個人的にとても信頼を置いています。 グローバルに戦える企業を目指し、早稲田の地から全速力で走っていきます。』

2. 早稲田大学専用ファンドについて

『早稲田大学に関係するベンチャー企業』への出資を行い、早稲田の地からグローバルに成長するベンチャー企業を多数創出することを目的とし、早稲田大学専用ファンドは組成されました。同ファンドの銘柄選定・運用・管理については、早稲田大学の提携ベンチャーキャピタルであるウエルインベストメントがGP(General Partner)を務めます。

同ファンドの支援対象となる『早稲田大学に関係するベンチャー企業』とは、早稲田大学が有する技術成果(知的財産)の事業化に取り組む企業、早稲田大学リサーチイノベーションセンターインキュベーション部門での支援を受けている企業、WASEDA-EDGEプログラムや早稲田大学ビジネススクール等のアントレプレナー教育を通じて設立に至った企業を含みます。

3. ウエルインベストメント株式会社について


1998年に早稲田大学アントレプレヌール研究会を母体として設立された、大学系としては我が国で最も業歴の長いベンチャーキャピタルです。社内で独自のリサーチ部門を擁し、技術・産業テーマごとに仮説を組み立てることで、早稲田大学に限らず、東京大学、京都大学、スタンフォード大学などの有望な研究シーズを早期に発掘し、今までに数多くの投資育成実績を有します。2018年10月30日に株式公開を行なったVALUENEX株式会社等、グローバルな成長を目指すベンチャー企業を支援しており、投資先の20社以上が既に株式公開しています。

会社名: ウエルインベストメント株式会社
設立 : 1998年6月
資本金: 資本金461百万円
社長 : 瀧口 匡(Ph.D.、早稲田大学客員教授、日本ベンチャー学会理事)
所在地: 東京都新宿区喜久井町65番地
事業内容: ベンチャーキャピタル及びそれに付随する支援業務
URL: http://www.weruinvest.com
関東財務局長(金商)第2585号
加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ