『リーグ・オブ・レジェンド』のシーズン2022が開幕 新チャンピオン「ゾウンの火花、ゼリ」がパッチ12.2より登場

合同会社ライアットゲームズ

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、日本時間1月8日(土)からPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、以下:LoL)」 、「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト(以下、ワイルドリフト)」、「eスポーツ」の今後の予定を紹介するライブ配信を行いました。プレイヤーと2022ランクシーズンの開幕を祝うとともに、LoLでは新チャンピオンである「ゾウンの火花、ゼリ」を公開しました。


Season 2022 Opening Day | Full Livestream – League of Legend

本日から、プレイヤーはインゲームイベントと報酬を通してシーズン2022をお祝いしながら、新年のはじまりの時を築き始めることができます。

以下、ライブ配信で発表した内容の抜粋となります。

リーグ・オブ・レジェンド

・ランク開幕
ランクシーズンの開幕と、各ランクティアの見た目の変更。

・クライアント内のVGUとテーマ投票(1月8日~19日)
VGU対象:シヴァーナ、ノクターン、トリンダメア、スカーナー、コグ=マウ
テーマ対象:地獄の業火、ゴシック、アークライト

・ミッション&報酬
ミッションは1月8日~1月13日 の間、毎日出現します。

<報酬>
シーズン2022 アイコン、ブルーエッセンスx1500、エターナルカプセル、鍛冶神 – シーズン2022 ワード、「召集の呼び声」エモート、オレンジエッセンスx500、ヘクステックチェスト + キー

・シーズン2022 Clashトーナメント
1月15日~1月16日

・磁器スキン
今年最初の新スキンのテーマは、寅年のお祝いです。

・チャレンジ
新しいシステム「チャレンジ」がリーグ・オブ・レジェンドに登場します。プレイヤーは素晴らしいスーパープレイや、リフトで起こったあんなことやこんなこと、超レアなコレクションなど、LoL体験のさまざまな側面をトラックできるようになります。

・ミシックコンテンツの改修
今年はプレステージスキンのアップグレード、新ミシックエッセンス通貨、イベントパス体験の見直しを含む、LoLのレアコンテンツおよび限定コンテンツシステムへの変更を実施します。

ワイルドリフト

・エレメンタルリフト
数か月以内に、新たな地形変化がワイルドリフトに登場します。試合ごとにインファーナル、マウンテン、オーシャン、クラウドのうち1つのエレメントがリフトを支配し、マップを変化させます。

・近日公開のチャンピオン
セトとユーミ(パッチ3.0)
カルマとシェン(パッチ3.1)

eスポーツ

・LoL Esports
12の地域リーグがシーズン開幕の準備を整え、100を超えるチームが活躍の時を待っています。

・Wild Rift Esports
Wild Rift Esportsでは、8つの地域リーグがワイルドリフトの競技エコシステムに参加します。 これらの地域は、Wild Rift Esportsのグローバルな競技構造の基礎となり、それぞれが本スポーツに独自の趣とスタイルをもたらすことになります。また、Wild Rift Esportsの初めての公式世界大会「Wild Rift Icons Global Championship」が今夏にヨーロッパで開催されることも発表されました。 Wild Rift Iconsは競技プレイの最高峰であり、ここでWild Riftの世界王者が決定します。
※日本での大会詳細については後日お知らせします。

新チャンピオン「ゾウンの火花、ゼリ」


チャンピオントレーラー:

ザッと駆け、ビリッとして、悪い奴らをやっつける。ゾウンの火花、ゼリがパッチ12.2でサモナーズリフトにやってきます!
“アタシはゾウンのために、そして仲間のために戦う”

固有スキル – 生体バッテリー
シールドを獲得するたびに移動速度が増加する。敵のシールドにダメージを与えると、そのエネルギーを吸収して自分がシールドを獲得する。


Q – バーストファイア
自動効果:通常攻撃が魔法ダメージを与える。この魔法ダメージは魔力に応じて増加し、スキルとして扱われる。移動および「バーストファイア」を使用すると「スパークパック」にエネルギーが蓄積される。最大までチャージされると、次の通常攻撃がスロウ効果と追加ダメージを与える。
発動効果:7発の弾を連射し、弾は最初に命中した敵に物理ダメージを与える。
ダメージは攻撃力に応じて増加し、通常攻撃として扱われる。最初の弾は通常攻撃時効果を適用する。クールダウンは通常攻撃のタイマーと同じになる。


W – ウルトラショックレーザー
電磁パルスを発射して最初に命中した敵にスロウ効果とダメージを与える。パルスが壁に当たると、当たった位置から射程の長いレーザーを発射する。


E – スパークサージ
短い距離をダッシュし、次に行う3回の「バーストファイア」が強化されて敵を貫通するようになる。ダッシュで地形にぶつかると、ぶつかった角度に応じてその地形を飛び越えるか、その地形に沿って滑る。通常攻撃またはスキルをチャンピオンに命中させると、このスキルのクールダウンが短縮される。


R – ライトニングクラッシュ
大量の電力を放出して周囲の敵にダメージを与え、少しの間だけ自身をオーバーチャージする。オーバーチャージ中はダメージ、攻撃速度、移動速度が増加する。敵チャンピオンに通常攻撃を行うとオーバーチャージの効果時間がリフレッシュされて、移動速度のスタックが増加する。オーバーチャージ中は「バーストファイア」の射撃間隔が短くなり3連射にまとめられ、他の敵へと連鎖する電撃が放たれるようになる。

Firecracker

爆発花火スキンがリーグ・オブ・レジェンド PC版とワイルドリフトの両方に登場します。
● 爆発花火ティーモ
● 爆発花火ダイアナ
● 爆発花火シン・ジャオ
● 爆発花火セト
● 爆発花火トリスターナ

ライアットゲームズについて


ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。
LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。Riot Forgeにとって第一作目となる『Ruined King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。
ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人のライアターが働いています。
関連リンク:
ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

リーグ・オブ・レジェンドについて

2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。世界で最も人気なトーナメントの一つである「World Championship」の2020年の決勝戦では、1分あたりのオンライン平均視聴者数(AMA)が2,180万人に上り、eスポーツ界の最高記録を更新しました。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている
関連リンク:
リーグ・オブ・レジェンド公式サイト: http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ