【クラウドファンディング成立】Shokzの骨伝導イヤホン OpenRun Pro 本日クラウドファンディング開始から5分で目標金額達成!

フォーカルポイント株式会社

開始5分で目標金額達成!開始10分で100万円達成!開始27分で100人達成!

フォーカルポイント株式会社が、2022年1月10日10:00より開始したクラウドファンディング「Shokzブランドの骨伝導ワイヤレスイヤホン OpenRun Pro」は、プロジェクト開始から5分で目標金額に到達、開始10分で100万円を達成いたしました。

Shokz OpenRun Pro [GREEN FUNDING]https://greenfunding.jp/focal/projects/5541/

フォーカルポイント株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 恩田英樹 以下フォーカルポイント)は、2022年1月10日10:00より開始したクラウドファンディング「Shokz(旧:AfterShokz)社の骨伝導ワイヤレスイヤホン OpenRun Pro(オープンラン・プロ)」が、プロジェクト開始から5分で目標金額に達成しクラウドファンディング成立、その後も開始10分で支援金額100万円、そして開始27分で100人の支援者に到達したことをお知らせいたします。

本クラウドファンディングは、Shokz(旧:AfterShokz)新ブランドの製品第一弾として起案されたプロジェクトです。

Shokz TurboPitch™ より深みのある低音再生を実現。
オープンイヤーデザイン 快適性と安全性の確保。
セキュアフィット しっかりフィットする安定感で人気のネックバンド。
急速充電 5分の充電で最大1.5時間利用OK。最大10時間の長持ちバッテリー。
デュアルノイズ・キャンセリングマイク搭載 通話にも対応。
Shokzアプリ 初登場!イコライザや設定変更に対応。
小型化 Aeropexと比較して20%の小型化を実現。
IP55防塵防水 高い耐久性と信頼感で定番のある防水性能

Shokz OpenRun Pro [GREEN FUNDING]
https://greenfunding.jp/focal/projects/5541/


Shokzについて
Shokzは、2011年10月18日に米国ニューヨークにてAfterShokzとして誕生。2021年で10周年を迎え、ブランド名を「Shokz」に変更しました。Shokzは、一般消費者の手に届くリーズナブルな価格帯で実用的な音質を実現する、骨伝導イヤホン開発の先駆者です。独自のオーディオ技術スイートと完全なオープンイヤーデザインにより、ユーザーに最高の音質体験と安全性の両方をもたらします。Shokzは2011年の創業以来、利用者の安全性確保を最優先とした製品開発を念頭におき、常にイノベーティブ・デザインを続けています。Shokzの骨伝導イヤホンは、2020年骨伝導イヤホン売上数No.1、販売台数シェア81.2%を記録(※1)、GOOD DESIGN、Red Dot Design Awardの受賞など、骨伝導イヤホンのリーディングカンパニーとして、販売実績、デザイン、性能など多方面で高い評価をいただいています。

(※1)2020年1月~12月BCNランキングデータより。マイク付きヘッドホン(ヘッドセット)より「骨伝導型」を抽出、自社集計

フォーカルポイントについて
フォーカルポイント株式会社は、世界中の優れた製品を取り扱う輸入商社として、平成元年(1989年)に設立されました。現在では、iPhoneをはじめとする各種スマートフォン、タブレット用のアクセサリ、Mac、PC用の周辺機器、ライフスタイル雑貨などを中心に、米国、イタリア、台湾、香港など、非常に数多くの製品の輸入卸、一般小売をしています。「世界各地の製品を通じて社会に貢献する」ことを指針として、購入後の顧客対応まで一貫してサポートしています。米国の骨伝導ヘッドホンメーカーAfterShokzの日本国内総代理店として、家電量販店、雑貨店などでの販売促進

会社概要
会社名:フォーカルポイント株式会社
所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル6F
代表者:恩田英樹
設 立:1989年
URL:https://www.focal.co.jp/

※ iPhone、iPad、Macは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他本製品に記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
※価格、仕様は予告なく変更することがあります。
※弊社製品を使用したことによるスマートフォン本体、コンピュータ本体、 その他周辺機器の破損、 損傷、 故障、 紛失などに関しましては、 弊社は一切責任を負いかねますことを予めご了承くださいますようお願いいたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ